出会い系

出会い系で18歳未満のJK・JCを見分ける方法

投稿日:2019年1月30日 更新日:

出会い系サイトを利用する上で特に気を付けたいのがJK(女子高生)やJC(女子中学生)などの18歳未満の女性です。

年齢確認のない一部の出会い系やSNSなどでは、JKなどの18歳未満の女の子が割り切りや援交を募集しています。

18歳未満であることを堂々と売りにする子もいます。

一方で、厄介なのが「年齢を偽っている女の子」です。

万が一18歳未満の女の子と性的な行為(セックスはもちろん、フェラなどもダメ)をしてしまうと法律に抵触します。

当然逮捕される可能性もあります。

18歳未満の女性とは割り切り、出会いどちらにしても絶対に会ってはいけません。

今回は出会い系に存在するJK・JCについて、18歳未満かどうかを見極める方法や避ける方法を紹介します。

出会った相手が18歳未満か見極める方法

本当は怪しそうな年齢の子には関わらないのが一番です。

ですが、できるだけ若い子が良い、という人も多いですよね。

なので、もし会った女の子の年齢が怪しい場合。

今から紹介する方法で18歳未満かどうか確認してください。

見分け方① ぶっちゃけいくつ?と聞く

「本当はいくつ?」と聞くと女の子によっては警戒されます。

素直に答えずにごまかされる可能性もあります。

ここは魔法のキーワード「ぶっちゃけ」を使いましょう。

年齢を聞くときは会ったとき、以下のような流れで聞いてみましょう。

「すごい可愛いね。よく言われない?」
「いや~、それにしても若いね。嬉しいよ」
「ちなみに…ぶっちゃけいくつなの?」

ぶっちゃけ、という言い方や言葉には相手に親近感を持たせる効果があります。

この方法が一番簡単な方法です。

見分け方② 保険証を見えてもらう

年齢確認には運転免許証が一般的です。

しかし18歳前後だと運転免許証を持っていない子も多いので、保険証を見せてもらうのも一つの方法です。

この方法は確実ですが、個人情報がわかるものを提示させるわけですから、かなり相手に警戒されます。

「身元を特定しようとしているんじゃないか」と思われますからね。

言い方には十分注意してください。

ホテルに入る前のタイミングで最終確認っぽく聞いてください。
(ホテルに入った後の確認ではセックス前でもアウトです)

「18歳未満だと困っちゃうからさ、一応保険証(免許証)の生年月日見せてもらうことはできる?」
「あ、もちろん名前とか住所の部分は隠してもらっていいから(笑)」

このように明るく、あくまで年齢確認のため、という部分を強調してください。

見分け方③ 出会ったときに干支を聞く

会話の中からさりげなく年齢がわかる質問を混ぜるのも方法の一つです。

それは「干支」を聞くことです

自分の干支なら普通は言えるでしょう。

ですが、偽った年齢の干支なんてとっさに出てこないですよね。

干支を聞くときは年齢を聞いたタイミングでさらりと会話に混ぜ込んでしまうのがポイントです。

まずは16歳〜20歳の干支を事前に把握し、会話の中で以下のように切り出してみましょう。

「へ〜、19歳なんだ?19歳ってことは、干支はうさぎ年だよね?」

あえて誤った干支で確認してみるとよいです。

そうすると、もし本当に相手が19歳なら

違うよ、辰年だよ

と返ってきます。

正しい干支に訂正してきたら、その子の年齢は本物の可能性が高いです

ただ、この方法、だいぶ回りくどいですね。

それに「わからない」と言われてしまえばそれまでですし、確実でもないです。

ほかに方法がなかった時にこの方法を使いましょう。

相手が18歳未満だったとき場合はすぐ退散すべし

もし、相手の女の子が18歳未満とわかったら、ただちに退散しましょう。

もしそのまま「みだらな行為」をした場合は逮捕される可能性があります。

みだらな行為とはセックスだけではなく、フェラやクンニ、ボディタッチもアウトです。

100%発覚するわけではありません。

ですが女の子が補導されたときにスマホの履歴や記録から遡って、芋づる式に逮捕されます。

退散するタイミングを間違えない

退散するタイミングはホテルに入る前までです。

もしホテルに入ってしまうと、例え何もしなかったとしても、「何もしなかったこと」を立証する必要があります。

ホテルに入ってプレイ後に発覚した場合もアウトです。

18歳未満かどうかを確認する、もしくは退散するなら絶対にホテルに入る前でないといけません。

児童買春の実態

出会い系サイトやSNSを利用した18歳未満による児童買春は現在もなお多く行われています。

参考警察庁による出会い系・SNSによる児童買春の事例データ

警察庁のデータによれば近年はSNSがメインで、出会い系サイトでの児童買春は減少傾向にあるものの、いまだゼロにはなっていません。

つまり今もなお、18歳未満が出会い系サイトを利用して援交を行っているのです。

そして実際に今もなお逮捕者が出ている、ということを示すデータがこちらです。

参考児童買春ニュースまとめ

児童買春に甘い意識を持っている男性も多い

「こんなのばれやしない」

と甘く考えている方が多いようです。

しかし大々的に報道されていないだけで、毎年全国で多くの男性が児童買春で捕まっています。

これらは氷山の一角で、確かに全員が捕まっているわけではありません。

ですが確実に捕まっている人はいます。

18歳未満と確実に分かった場合はもちろん、確認が取れない18歳前後の女の子と性的な行為をするのは絶対に避けましょう。

以下のリンクでは18歳、18歳未満の女の子との性行為について詳しく解説しています。

合法的に、できるだけ若い子とセックスがしたいという方はぜひ参考にしてみてください。

18歳未満を避けるには安全な出会い系を使うべし

18歳未満と出会わないようにするには、「年齢確認をきちんと行っている安全な出会い系サイトを利用する」のが一番です。

大手と呼ばれる優良な出会い系では、平成20年・出会い系サイト規制法の改正時に義務付けられた「18歳未満でないことの確認」をきちんと行っています。

平成20年「出会い系サイト規制法」の改正

警察庁のデータで、「出会い系サイトにおける児童買春の件数は減少傾向」とありました。

この理由は平成20年に「出会い系サイト規制法」が改正されたことによるものです。

出会い系サイト規制法の改正で、サイトを利用するには免許証などで18歳未満でないことを証明しなければいけなくなりました。

これにともない、大手の出会い系サイトが一斉に年齢確認を強化。

結果、出会い系サイトにおける18歳未満の児童買春は減少したのです。

大手の優良出会い系は現在もこの法律を遵守していますので、18歳未満の女の子はほぼいません。
(何らかの方法で身分を偽っている子はいるかもしれませんが)

年齢確認をしない出会い系サイトは避ける

ですが中にはこの年齢確認を行わない怪しい出会い系サイトも残っています。

無料書き込み型の掲示板サイトなどはそうですね。

例え女の子から誘ってきても、逮捕されるのは我々男性です。

安全に若い子と遊びたいなら怪しいサイトは使わず、年齢確認のある安全な出会い系を選んでください。

まとめ

現在でもSNSや一部の出会い系サイトでは18歳未満の女の子が援助交際を持ちかけてきます。

それに応じた男性が逮捕されるという事例が後を絶ちません。

18歳未満と性的な行為をすると警察に逮捕されてしまいます。

逮捕されれば生活に重大な影響を及ぼし、大げさに言うと人生が終わる可能性だってあるのです。

リスクを負わないためにも、出会い系では18歳未満の女の子とは関わらないようにしましょう。

  • 若い子の場合、必ず年齢の確認を取る
  • ホテルに行く前に最終確認
  • 18歳未満がいない安全な出会い系サイトで女性を探す

必ずこれを守ってください。

大手の出会い系サイトで安心安全に若い子と遊びましょう。

セフレ、愛人、援交、割り切り…そんな出会いを探すなら

出会い系は本当にエロい子と出会える?専門家が初心者向けにガチ解説

刺激的でエロい出会いを求めるなら、出会い系が今かなりアツい。

セフレ、愛人、援交、割り切り、パパ活…そんな募集が大量に書き込まれている。掲示板やコメントを見るかぎり、1日1万件以上は少なくとも出会いが成立している。

そもそも「出会い系ってサクラばかりだろ」と思った人は時代遅れだ。安全な優良出会い系を使えば、誰でも確実に出会える。今はそれくらい素人女子が急増している。

出会い系に興味のある初心者は以下記事をチェックしてほしい。


\管理人おすすめ出会い系/

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

僕が実際に色々な出会い系を使ってきたなかで、アダルトな出会いなら「PCMAX」が一番おすすめだ。

ユーザー数が1000万人と他と比べて圧倒的。断トツでエッチな子と出会いやすい。エロ業界では有名な出会い系だ。

PCMAXの登録は無料なので、アングラな世界に興味があれば、一度使ってみるとおもしろい。お金と欲望が入り乱れる日本の闇を垣間みれる。

PCMAXの公式サイトを見てみる

-出会い系

Copyright© 東京アップデート , 2019 All Rights Reserved.