出会い系

出会い系で性病に感染する病気のリスクと対策

投稿日:2019年1月30日 更新日:

出会い系サイトを利用する上で心配なのが性病。

「出会い系の女性は不特定多数の男性と関係を持っている」
「だから性病も持ってそう」

そんなイメージを持つ人も多いようです。

ですが結論から言うと、出会い系だから性病の確率が高いということはありません。

リスクの高い女性(援デリなど)はいます。

ですがそういった女性をきちんと避ければ、職場や学校での出会いとほぼリスクは同じです。

今回はそんな出会い系における性病について。

出会い系における性病のリスクや性病の種類、防ぎ方など。

安心して出会い系を利用するために、正しい性病の実態について理解しましょう。

出会い系に性病の子は多いのか

「出会い系サイトに性病の子は多いのか」

これに関しては、はっきり「関係ない」と言い切れます。

出会い系サイトだから多い、という根拠はありません。

厚生労働省が発表している性感染症感染者数の推移データ

こちらを見てください。

参考厚生労働省の性感染症感染者数の推移データ

このデータは平成11年から29年までの性病にかかった人たちをまとめたデータです。

このデータから分かるのは、20年間、「性病感染者数はあまり変わっていない」ことです。

平成11年から増えている性病もあれば減っている性病もあります。

爆発的に増えた数字はほとんど見られません。

梅毒のみ爆発的に増えていますが、これは出会い系サイトのせいではなく別の要因です。

出会い系サイトが原因なら梅毒だけではなく全体的に増えます。

これだけ出会い系サイトが普及しても平成11年から特に感染者数は増えていないのです。

出会い系サイトの女性は慎重に相手の男性を選んでいる

出会い系サイトの女性全員が不特定多数とセックスしているわけではありません。

女性にはストーカーや妊娠、性暴力というリスクがあります。

そのため、男性と会うことには非常に慎重です。

出会い系サイトの女性でも、一般の職場や学校の女性でも、ほとんど男性と関係を持たない人もいます。

出会い系サイトで不特定多数の男性と関係を持つような女性はごく一部しかいないのです。

出会い系であることと性病にかかりやすいことには、何の因果関係もありません。

出会い系に潜む性病のリスクは「援デリ業者」

セックスをする以上、どこでも性病のリスクを含んでいます。

ただし、出会い系特有の性病リスクを一つ上げるとしたら「援デリ業者」の存在です。

援デリ業者は素人女性ではありません。

出会い系を利用して売春を持ちかける「プロの風俗嬢」です。

毎日不特定多数の男性と関係を持っているので、性病リスクは風俗店並みに高いです。

この援デリ業者には注意しましょう。

性行為で感染しやすい病気

一括りに性病、といっても性行為で感染する性病にはたくさんの種類があります。

ここでは主な性病3種類とそのほかの性病を解説します。

①クラミジア

性病といえばこれ、というくらい性病全体で圧倒的に感染者割合が多いのがクラミジア。

セックス、フェラ、クンニ、アナルセックスといったほとんどの性的接触でうつります。

クラミジアにかかった女性と関係を持ったらまず防ぎようのない性病です。

クラミジアの詳細

クラミジアはクラミジア・トラコマティス菌に感染することで発症する性病です。

  • 男性・女性ともに感染しても症状が弱く、なかなか感染に気づかない
  • 男性の約50%が無症状
  • 気づかないうちに次々と別の人に感染させている可能性が高い病気

クラミジアの症状と治療

症状が出た場合、感染後1~3週間後くらいに以下のような症状が出ます。

  • 尿道から膿が出る
  • かゆみを感じる
  • 排尿時に違和感、痛みを感じる

このような症状を感じたらクラミジアの可能性が高いです。

治療は抗生物質を1~2週間服用することで治療します。

パートナーがいる場合は同時に感染している可能性が高いです。

彼女や奥さんがいる場合は二人そろって診察、治療をする必要があります。

②淋病

淋病も一般的な性病です。

淋菌に感染すると発症します。

感染力が高く、クラミジアと併発することも多い病気です。

淋病の特徴

コンドームを使用しない性行為で感染します。

性行為での感染力は高いですが、フェラやクンニ、単純接触での感染力はそれほど強くありません。

淋病の症状と治療

男性が感染すると2~7日間の潜伏期間を経て、以下のような割とわかりやすい症状が出ます。

  • 強い排尿痛
  • 勃起痛
  • 尿道から膿が大量に出る

このような症状が出たら淋病です。

治療は抗菌薬を3日ほど服用することで治癒します。

③ヘルペス

ヘルペスは単純ヘルペスウイルスに感染することで起こる性病です。

一度感染すると症状が治まっても、ウイルスがずっと体に残り続ける厄介な性病です。

感染者の抵抗力が弱くなると再び症状があらわれます。

そして生涯現れたり治まったりを繰り返します。

ヘルペスの特徴

性感染症の中でも女性は2番目、男性では3番目に多い性病です。

ゴムなしの性行為、フェラやクンニなどの粘膜同士の接触によって起こります。

また、体の表面に症状が出ている(ウイルスが多い)ときに分泌物に触れたり、タオルを共有することでも感染します。

感染してもほとんどの人はすぐに症状が出ません。

ヘルペスの症状と治療

抵抗力が弱った時などに体の表面に以下のような症状が出ます。

  • 口の周りにピリピリと痛むできものができる
  • ペニスの周りに激しい痛みを伴う「ただれ」ができる
  • 足の付け根のリンパ節が腫れて痛む

とにかく「ビリビリと痛い」症状が出たらヘルペスです。

症状が出たら抗ウイルス薬を服用して症状を抑えます。

ただし、根治はできません。

症状が治まってもウイルスは体の中に残っているからです。

疲れたり抵抗力が落ちるとまた再発します。

そのたびに薬を飲んで症状を抑えます。

④その他

上記3種類が一般的に「3大性病」と言われる性感染症です。

そのほかにも以下のような性病があります。

  • 梅毒
  • コンジローマ
  • エイズ(HIV)
  • カンジダ

特に梅毒に関しては注意が必要です。

横ばいや増減を繰り返しているほかの性病と違い、近年爆発的に感染者数が増えています。

少しでも異常があればすぐに検査を受けましょう。

性病を回避する方法

ここでは性病に感染するリスクをできる限り抑える方法を解説します。

セックスをする以上性病のリスクを0にすることはできません。

ですがリスクを減らすことはできます。

①コンドーム着用

必ず守ってほしいのがこのコンドームの着用です。

性病はフェラやクンニでも移るものがあるため、コンドームで100%防げるわけではありません。

それでも主な感染ルートが本番、性行為であることは間違いありません。

コンドームをすることが性病予防に一番効果的です。

特にHIVなどの重篤な性病は挿入時にうつることが多いので、それを防ぐためにも必須。

女性の中には「生でやってもいいよ」という人もいるかもしれません。

男性にとって魅力的で抗いがたい提案ですね。

ですが誘惑に負けずにしっかりとゴムを着用しましょう。

②援デリ・セミプロを避ける

出会い系では素人女性のふりをして、売春を持ちかける援デリ業者がいます。

援デリ業者は毎日多くの男性の相手をしている「プロの風俗嬢」です。

風俗嬢すべてが性病を持っているわけではありません。

ですが単純な確率でいえば、性病リスクは圧倒的に高くなります。

援デリ業者を利用するということは風俗店通いするのと一緒です。

性病予防という観点からは一番危険な行為です。

このような援デリ業者とは関わらないようにしましょう。

③怪しいと思ったらやらない

性病を持っている女性の中にはわかりやすい性病の「症状」が出ている女性がいます。

  • おりものが多い
  • 白いカスが多い
  • 臭いが強い
  • できものがある

性病にかかっている女性全員に必ずこの症状がみられるわけではありません。
(特にクラミジアは女性でも無症状が多い)

あくまで目安ですが、明らかな「異常」があった場合、セックスをせず、撤退する勇気も必要です。

性欲に負けて最後までヤってしまうと後々後悔します。

すでに性病にかかっているか心配

  • 心当たりがある
  • 気になる症状がある
  • 性病になっていないか確認したい

こんな時はすぐに検査を受けましょう。

もし本当に性病にかかっていた場合、そのまま放置すると症状が悪化します。

悪化すると治りにくくなったり、慢性化します。

性病の診察をしてくれる病院

性病の検査は「泌尿器科」です。

地域によっては「性病科」と堂々と掲げている所もありますので、どちらかで検査を受けてください。

費用は5,000円~12,000円くらいです。

気になる症状が出ていれば保険が効いて3割負担になります。

保健所でも性病検査を実施しています

費用が気になるとか、恥ずかしいという人は「保健所」で無料の性病検査を受け付けています。

ただし、病院と違って主要な性病(HIVやクラミジア)しかわかりません。

その他の性病に分類されるような咽頭クラミジアなどは発見できないのです。

定期検査の場合は費用負担のない保健所を利用するといいでしょう。

性病の検査キット

  • 時間がない
  • 恥ずかしい
  • 誰とも会いたくない

こういう方のためには市販の「検査キット」も売っています。

Amazonでも普通に売っていますよ。

検査したい病気によって違いますが、血液や尿などの簡単な方法で検体を採取し送るだけです。

ちょっとお高めなのと、時間がかかるのが難点ですが手軽で簡単な方法です。

出会い系で不特定多数とセックスするなら定期的な性病検査を

出会い系で不特定多数とセックスをする方は、症状がなくても月に1回ほど、定期検査を受けるようにしてください。

性病は、気づかない間に感染者を増やしてしまうことが多くあります。

自分の身を守るのと同時に性病をばらまかないためにも。

出会い系で不特定多数の方と性行為する場合は、定期的な検査を推奨します。

まとめ

出会い系サイトで性病を心配されている方にはっきり言っておきます。

「出会い系サイトだから特別性病にかかるリスクが高いということはない」

出会い系に限らず、男と女がいる限り、どこでも性病の危険性はあります。

必要以上に性病を恐れて出会い系サイトを楽しめないなんてもったいないですよ。

大事なのはリスクをできる限り低くすることです。

  • 出会い系では援デリを利用しない
  • コンドームなしでセックスをしない
  • 定期検査を受ける

それさえ気を付ければ性病リスクはそこまで高くありません。

出会い系に限らず、セックスをする限り性病のリスクがゼロになることはありません。

もし気になる症状が出たら、病院や保健所、検査キットで検査するようにしましょう。

セフレ、愛人、援交、割り切り…そんな出会いを探すなら

出会い系は本当にエロい子と出会える?専門家が初心者向けにガチ解説

刺激的でエロい出会いを求めるなら、出会い系が今かなりアツい。

セフレ、愛人、援交、割り切り、パパ活…そんな募集が大量に書き込まれている。掲示板やコメントを見るかぎり、1日1万件以上は少なくとも出会いが成立している。

そもそも「出会い系ってサクラばかりだろ」と思った人は時代遅れだ。安全な優良出会い系を使えば、誰でも確実に出会える。今はそれくらい素人女子が急増している。

出会い系に興味のある初心者は以下記事をチェックしてほしい。


\管理人おすすめ出会い系/

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

僕が実際に色々な出会い系を使ってきたなかで、アダルトな出会いなら「PCMAX」が一番おすすめだ。

ユーザー数が1000万人と他と比べて圧倒的。断トツでエッチな子と出会いやすい。エロ業界では有名な出会い系だ。

PCMAXの登録は無料なので、アングラな世界に興味があれば、一度使ってみるとおもしろい。お金と欲望が入り乱れる日本の闇を垣間みれる。

PCMAXの公式サイトを見てみる

-出会い系

Copyright© 東京アップデート , 2019 All Rights Reserved.