ナイトワーク(男性向け)

元ボーイが教えるキャバクラ嬢と風紀する方法!バレても罰金は不要!

2019年3月30日

私は大学生の頃からキャバクラでボーイとして働いていた。

働いていたキャバクラ店では、男性社員のほぼ100%のキャバ嬢と付き合っていた

これは風紀といって、一般的に禁止されているが、実際のキャバクラ店ではよくある話である。

そこで今回は、キャバクラで働く男性スタッフの間で禁止されている風紀について説明しよう。

あなたもボーイになったらキャバ嬢と付き合いたいですよね

どうしたらお店にバレずに風紀することができるか、元ボーイがこっそりとそのコツを書いていこう。

風紀とは

風紀とは、水商売のお店において男性従業員が女の子と男女の関係になることだ。

付き合っていることを指す場合もあれば、性的な関係をもったことを指すだけの場合もある。

具体的な定義はお店や人の考えによっても異なるようだ。

水商売のお店で女の子と関係を持つ、と聞くと男性のとってはとても魅力的なことのように思える。

しかし、この風紀という好意は明確に禁止されていることがほとんどである。

風紀が禁止されている理由

なぜ風紀がお店から禁止されているのか。

お店としては、業務に支障をきたすことがあるからである。

会社や学校においても同様だと思うが、男女の関係になった2人が完全にバレずに関係を続けることは難しい。

そうなると、様々な噂が広がったり、関係がこじれた際に本業が疎かになってしまうことがあるからだ。

風紀しても法的に罰金は無効

お店が風紀を禁止していても、それを破ったからといって、法的に罰金を払う必要はない。

たとえ入店時に罰金の契約書にサインしていたとしてもだ。

キャバクラで働くときに、風紀の罰金50万円、100万円といった誓約書にサインを求められることがある。

が、それがそもそも違法なのである。

労働基準法では、あらかじめ罰金や違約金としていくら払うといった契約を禁止しているからだ。

なので法律的に無効なので、風紀がバレても罰金を支払う必要がない。

ただ、法的に罰金を払う必要がないとはいえ、風紀がバレたときは、相当怒られるので容赦したほうがよい。

キャバ嬢と風紀する方法

ただそうは言っても、やはり男として存在している以上。

ボーイとして水商売のお店で働いている以上。

一度はお店の女の子と男女の関係になってみたいものだ。

これから紹介していく風紀するコツは、自分が実際にお店で働いていた時に風紀をしていたボーイの常套手段であった。

是非参考にしてみてほしい。

方法① 始発待ちで仲良くなる

水商売のお店の閉店時間は早くて25時。

お店によっては、2〜3時や朝までやっているお店もある。

お店が終わった後、多くの女の子は送迎の車で帰る。

水商売のお店では、閉店時間が終電を過ぎるため、ほぼ100%送迎の車が出るのだ。

ただ、送迎の車は

  • 複数の女の子がまとめて送られるため、ルートによってはかなり時間がかかる
  • 遠方に住んでいる場合お金がかかる
     ※場所によって500円〜2,000円くらい。タクシーよりは当然格安だが、毎日使うと大きい。

というデメリットもあるため、お店で始発を待って時間を潰してから電車で帰る子も一定数いるのだ。

そこで、始発待ちをしている女の子と、話す事ができる。

始発待ちの女の子と仲良くなる流れ

始発待ちをする子は大体出勤した日は始発待ち、と決めている子が多い。

ともに始発待ちをすることが多くなれば、必然的に会話も増える。

お店が終わってから始発まで少しご飯に誘ってもいいし、スマートフォンアプリなどの簡単なゲームに誘ってもいい。

仲良くなる方法はいくらでもある。

この方法の良いところは、他の社員に見つかりづらい、という点だ。

始発待ちは風紀が見つかりにくい

キャバクラで上の方の社員(例えば店長)は、キャバクラであってもお客さんがついていることが多い。

そのため、閉店後に女の子と常連のお客と飲みに行ってしまうことが多いのだ。

閉店後にお店に残るのは大体が下っ端の社員のため、あまり風紀に厳しいことを言われることはない。

女の子と仲良くなりやすい環境なのである。

始発待ちの注意点

ここで注意しておきたいのは、朝までやっているお店ではほとんどの女の子は始発で帰ってしまう。

また、お店も送りの車を用意していないため、仕事が終わるとそのまま帰ってしまうことが多い。

風紀をしたい場合は朝まで営業しているお店で働くことは避けた方がいいかもしれない。

方法② 送りの車で仲良くなる

上記では送迎車を使わない女の子をターゲットとしたが、もちろん送迎の車で仲良くなることもできる。

送迎の車では、送り先によって振り分けがされるため、家が近い子と同じ車に乗ることになる。

そうすれば必然的に地元トーク的なことが出来るし、毎回一緒に帰ることになるので、仲良くもなりやすい。

自分が働いていた時のお店で風紀していた人は、この方法で女の子と連絡先を交換し、その後付き合っていた。

送りの車の注意点

ただ、お店によっては送迎車に男子スタッフをいれないところもある。

この点は入店前に例えばお店に行ってさりげなく聞いてみることが重要だ。

面接の際に、男子スタッフでも送迎が使えるか確認しておくのがよいだろう。

方法③ キャバクラの社員になる

最後に書いていくのは、最終手段かつ一番有効な方法だ。

一言で言えば、そのお店で社員になってしまえばいい。

もっと言えば、店長や付け回しなどお店で力のあるポジションになればいい。

出世してしまえばいいのだ。

社員になれば風紀してもとがめられない

水商売は、実力社会の最たるところだ。

世間ではパワハラやセクハラについてうるさくなっている。

だが、実力社会の最たるところでは、実力があれば一定の理不尽は許される。

つまり、風紀も許されるということだ。

実際自分が働いていたお店でも、風紀をほとんどの社員がしてはいたものの、ほとんどがばれないように上手くやっていた。

一方で、店長の風紀はかなり雑でバレバレであった。

他の社員がいてもいちゃついていたりする。

ただその点に誰かが触れることはない。

水商売では女の子に担当社員がつく

水商売のお店では、女の子一人一人に担当社員がつくことが多い。

いわゆるマネージャーのようなもので、シフトの調整や業務の相談受け担当のようなものだ。

担当は、女の子の管理をお店から命じられれるため、女の子と深くコミュニケーションをとる必要がある。

担当になった時点で当然連絡先は交換しているし、業務後に飲みに行くこともあるだろう。

日々のシフトのやり取りをするため、毎日連絡を取り合うことになる。

そうすれば、プライベートな話もすることになるし、結果として女の子の人となりを理解出来るので、
仲良くなりやすい。

自分が働いていたお店では、男性社員はほぼ100%担当の女の子と付き合っていた

まとめ

今回は、キャバクラ嬢と風紀するコツを解説してきた。

表向きはお店も風紀を禁止してはいるものの、はびこっているのが事実である。

華やかな水商売の世界をボーイとして裏方で働き続けることは、なかなかストレスのかかる仕事だ。

女の子から仕事やお客の愚痴を聞かなくてはならないし、酒の席なので客層によってはボーイであっても大量にお酒を飲まなくてはならなかったり。

一方で、普通に生きていては出会うことも口説くことも難しい綺麗な女の子と関係を持つことが出来るメリットがある。

もちろん、バレてしまった際には何らかの責任を負うことになるかもしれないので、自己責任でトライしてみてはいかがだろうか。

最後に…管理人からのおすすめ情報

スカウトやキャバクラボーイのススメ

スカウトやキャバクラボーイは夜の世界の華やかな女の子と一緒に仕事ができて、がっつりと稼ぐことができる。

このようなナイト系のバイトや仕事に興味があるなら、アップステージをおすすめする。アップステージは高収入、ナイト系を全般とした男性向けの求人サイト。

「キャバクラボーイとして綺麗な子と戯れながらバイトがしたい」「学歴や職歴がないけど、夜の世界で勝負して人生を一発逆転させたい」

そんな方にはアップステージで夜の仕事を探してみるとよい。

アップステージの公式サイトを見てみる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ナイトワーク(男性向け)

Copyright© 東京アップデート , 2019 All Rights Reserved.