ハプニングバー

【2020年最新】東京のおすすめハプニングバー10選!

「ハプニングバーに行ってみたい」と考えたとき、困るのがお店の選び方です。

普通のお店と違って周囲から評判などを聞きにくいので、お店に来店する勇気がイマイチ持てない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も初めて来店するときにはお店の雰囲気なども分からず、とても不安な状態で来店しました。

今回は、そんな不安な方の気持ちを少しでも軽くするために、東京にあるおすすめのハプニングバーについてまとめました。

この記事を読めば、東京でハプニングバーに行きたいときにどのお店を選べばいいのか、判断しやすくなります。

単独で初来店したい方、彼女をハプニングバーデビューさせたい方、カップルで訪れたい方。

お店選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

東京のハプニングバー事情

東京には多数のハプニングバーが存在しています。

ハプニングバーの詳細は『ハプニングバーとは?』をご参考ください。

東京の中でもハプニングバーが多いのは新宿です。

新宿といえば、「眠らない街」と呼ばれる歌舞伎町が有名ですよね。

歌舞伎町には居酒屋やホストクラブ、キャバクラなどが多数立ち並んでおり、日本トップの歓楽街です。

ハプニングバーの数も多く、私も新宿だけで6店舗のお店に入店しました。

東京で営業しているハプニングバーの共通点は、裏道にあったり、集合ビルの中に入っていたりして目立たないことです。

どのお店も会員制なので、知っている人だけが訪れられるようになっています。

お店の場所を公開していない・看板を表に出していないお店もたくさんあるので、行きたいお店がある方は事前によく下調べをするようにしましょう。

新宿のハプニングバー

新宿で私が訪れたのは6つのお店です。

ここからは、それぞれの特徴を紹介します。

リトリートバー

リトリートバー」は、オシャレなバーのようなハプニングバー。

ハプニングバーっぽさがいい意味で薄く、初心者の方でも入りやすいです。

イケメンの店員さんが多いからか、比較的若い女性が多い印象でした。

  • 男女比7:3ぐらいで若い人が多い
  • 来店時には20~40人くらいの男女がいた
  • 店内は大人なバーっぽい雰囲気
  • プレイルームは3部屋なので順番待ちになることもある
  • ハプニングバーが初めてでも行きやすいお店

ちなみに私は、リトリートバーで初めてのハプニングを経験しています。

他人から覗かれないタイプのプレイルームなので、ハプニングバーで誰かに見られながらのセックスには抵抗がある方、彼女を初めてのハプニングバーに何とか誘いたい方などにおすすめです。

リトリートバーの詳細は『新宿ハプニングバー「リトリートバー」に潜入調査してきた』で紹介しています。

店名 リトリートバー
公式HP http://retreatbar.jp/
住所 東京都新宿区歌舞伎町2-35-5リゾンビルB2
営業時間 【昼の部】13~19時【夜の部】19~翌5時
電話 03-3202-5665
単独男性料金 入会金:1,000円
昼の部入場料:8,000円
夜の部入場料(平日):13,000円
夜の部入場料(金土日祝):15,000円
単独女性料金 入会金:1,000円
昼の部入場料:0円
夜の部入場料(平日):0円
夜の部入場料(金土日祝):0円
カップル料金 入会金:1人1,000円
昼の部入場料:5,000円
夜の部入場料(平日):8,000円
夜の部入場料(金土日祝):9,000円

アラベスク

アラベスク」は高級感の漂う大人なハプニングバーです。

真っ赤な緞帳のようなものに仕切られた先では、男女が濃密なハプニングを楽しむことができます。

  • 終電前後がお客さんのピーク
  • 店内は写真通りオシャレで高級感がある印象だった
  • 女性のレベルが高く、キレイな方が多かった
  • 常連が多かったり、カップルとは会話できなかったりするので、初心者はちょっと馴染みにくいかも

私が訪れた日は「仮面パーティー」を開催中で、初対面の人と秘められた時間を楽しまれていました。

常連も新規もいるので、長く通えるお店を探している方にもおすすめします。

アラベスクの詳細は『新宿ハプニングバー「アラベスク」に潜入調査してきた』で紹介しています。

店名 アラベスク
公式HP http://arabesque.jpn.com/
住所 東京都新宿区
営業時間 火曜日~土曜日:13時~翌5時
日曜日・祝日:14時~24時
月曜日:定休日
電話 03-5925-8747
単独男性料金 昼の部入会金:0円
昼の部チャージ料金:7,000円
夜の部への延長料金:7,000円(金土は8,000円)
夜の部入会金:3,000円
夜の部チャージ料金:11,000円(金土は13,000円)
単独女性料金 昼の部入会金:0円
昼の部チャージ料金:0円
夜の部への延長料金:0円
夜の部入会金:0円
夜の部チャージ料金:0円
カップル料金 昼の部入会金:0円
昼の部チャージ料金:4,000円
夜の部への延長料金:4,000円(金土は5,000円)
夜の部入会金:3,000円
夜の部チャージ料金:6,000円(金土は7,000円)

カラーズバー

カラーズバー」は新宿でも人気が高く、ハプニングバーっぽさが強いお店です。

イベントの日にはとくにお客さんが集まるので、フロアがいっぱいになることもあります。

店内ではアダルト映像が流れ、コスチュームが壁を彩る、ハプニングバーの想像そのままなお店です。

  • ピーク時間帯は終電前
  • プレイルーム以外でもプレイ可能
  • プレイルームのスペースはそこまで大きくないので、混雑時は待たないといけないかも
  • 新規も常連もいるので交流が深めやすい

店員さんがTwitter更新していることもあり、比較的他のハプニングバーよりもどんなお店か事前に知りやすいのが魅力。

私はカラーズバーでイケメン男性とディープキスを楽しみました(残念なことにハプニングは未遂)

カラーズバーの詳細は『新宿ハプニングバー「カラーズバー」に潜入調査してきた』で紹介しています。

店名 カラーズバー
公式HP https://t-colors.net/
住所 東京都新宿区歌舞伎町2-14-12 光凛ビル2F
営業時間 1部:13:00~19:00
2部:19:00~5:00
3部:5:00~13:00
電話 03-5273-1780
単独男性料金 入会金:5,000円
1部入店料:7,000円
通常入店料:13,000円
単独女性料金 入会金:1,000円
1部入店料:0円
通常入店料:0円
カップル料金 入会金:6,000円
1部入店料:4,000円
通常入店料:7,000円

ブリスアウト

ブリスアウト」には、都内にあるハプニングバーのなかでトップクラスの大きいプレイルームがあります。

バーカウンターの下フロアにプレイルームがあり、螺旋階段で降りていくのですが、全体的にアングラっぽい雰囲気のお店だなと感じました。

プレイルームが覗き窓なしでダイレクトに覗けてしまうスペースがあり、初心者の方にはちょっとハードルが高いかもしれません。

  • 男女比ほぼ半々
  • ピーク時間帯は終電前
  • 店内は全体的に暗く、アングラな雰囲気
  • プレイルームが過激なので初心者にはレベルが高い
  • 覗き、露出が好きな方には刺激的な時間を過ごせる

あとブリスアウトは外国人のお客様もよく来店されています。

私が行ったときにも単独・カップルの外国人の方がいて、陽気なイタリア人にセックスしようよと口説かれました。

ブリスアウトの詳細は『新宿ハプニングバー「ブリスアウト」に潜入調査してきた』で紹介しています。

店名 ブリスアウト
公式HP http://www.bliss-out.jp
住所 東京都新宿区歌舞伎町一丁目
営業時間 cafe time:10時~19時
Through time:15時~21時
Bar time:19時~29時(翌5時)
電話 03-6457-6169
単独男性料金 入会金:5,000円
cafe time入場料:9,000円
Through time入場料:11,000円
Bar time入場料:14,000円
延長料金:1時間ごと2,000円/上限10,000円
アルコール飲み放題:3,000円
単独女性料金 入会金:1,000円
cafe time入場料:0円
Through time入場料:0円
Bar time入場料:0円
延長料金:0円
アルコール飲み放題:2,000円
カップル料金 入会金:5,000円
cafe time入場料:6,000円
Through time入場料:7,000円
Bar time入場料:8,000円
延長料金:1時間ごと1,000円/上限5,000円
アルコール飲み放題:3,000円

クロスシーズンツー

クロスシーズンツー」は常連さんが多い落ち着いて楽しめるハプニングバーです。

私が行ったときには店内にコタツが出ていて、セクシーなランジェリー姿でコタツを囲み談笑しました。

マンションの1室のような感じで、店内のスペースはそこまで大きくありません。

大規模なお店に行くのは怖い方でも、安心して楽しめます。

  • 全体的に年齢層が高い
  • 来店時は私以外に5~7人(私が帰る直前に2人増えた)
  • 店内が狭くてアットホームな雰囲気
  • 常連が多いので新規1人は馴染みにくい
  • 人が少ない分、全員と交流がしやすい

他のお客さんと距離が近いので、カップルで落ち着いて通えるお店を探している・他のカップルと交流を楽しみたい方におすすめです。

クロスシーズンツーの詳細は『新宿ハプニングバー「クロスシーズンツー」に潜入調査してきた』で紹介しています。

店名 クロスシーズンツー
公式HP http://cross-season.com/
住所 東京都新宿区歌舞伎町2-35-5リゾンビルB2
営業時間 13~翌9時
電話 03-3204-5152
単独男性料金 入会金:10,000円(※リニューアル記念5,000円)
【平日(日~木)入場料】
・13時~19時(水曜日のみ):5,000円
・18時~25時:8,000円
・24時~5時:7,000円
・18時~5時:10,000円
・5時~9時:2,000円
【休前日(金~土・祝前日)入場料】
・18時~5時:12,000円
・24時~5時:8,000円
・5時~9時:2,000円
単独女性料金 入会金:1,000円(※リニューアル記念500円)
入場料:スマイル
カップル料金 入会金:5,000円(※リニューアル記念3,000円)
【平日(日~木)入場料】
・13時~19時(水曜日のみ):5,000円
・18時~25時:5,000円
・24時~5時:5,000円
・18時~5時:7,000円
・5時~9時:2,000円
【休前日(金~土・祝前日)入場料】
・18時~5時:8,000円
・24時~5時:7,000円
・5時~9時:2,000円

9259(九二五九)

9259(九二五九)」は刺激的だけど明るく楽しめるハプニングバーという感じです。

店内はクラブのような雰囲気で、和風メイドっぽい店員さんや、タンクトップにショートパンツの店員さんが出迎えてくれました。

  • 男女比は6:4で若干男性が多いけど女性もいる
  • 週末の終電前後はお客さんが増える
  • 店内はクラブっぽい雰囲気
  • プレイルームはマジックミラーで覗ける方式
  • 店員さんが気配りしてくれるので、単独女性も長くいやすい

九二五九のプレイルームはカップル用とそれ以外で分かれています。

セックスはプレイルーム内ですが、プレイルーム外でもある程度のハプニングはOKです。

私が行ったときには、美しいお姉様が手コキしているシーンに遭遇しました。

九二五九の詳細は『新宿ハプニングバー「9259(九二五九)」に潜入調査してきた』で紹介しています。

店名 WAKUWAKU BAR 九二五九
公式HP http://www.bar9259.com/
住所 東京都新宿区大久保1丁目1−2 富士一ビル2F
営業時間 13~翌5時
電話 03-6233-9259
単独男性料金 入会金:5,000円
昼の部入店料:7,000円
昼から夜に部をまたぐ追加料金:8,000円
オールタイム入店料:15,000円
単独女性料金 入会金:1,000円
昼の部入店料:0円
昼から夜に部をまたぐ追加料金:0円
オールタイム入店料:0円
カップル料金 入会金:男性5,000円/女性1,000円
昼の部入店料:3,000円
昼から夜に部をまたぐ追加料金:4,000円
オールタイム入店料:7,000円

渋谷のハプニングバー

渋谷には3F建ての大きなハプニングバー「眠れる森の美女」があります。

眠れる森の美女

眠れる森の美女」は東京都内のハプニングバーのなかでもかなり大きなお店です。

フロアは全部で3F、一番上のフロアはプレイルームになっていて、店員さんの許可がないと入ることができません。

多数のコスチュームやSM用の道具なども揃えられていて、刺激的な時間を過ごすことができます。

  • 客層は新規から常連まで様々
  • お客さんが増えるのは週末19時以降
  • 店内は薄暗く音楽が流れていてクラブっぽい
  • 大きなお店なので初心者女性にはハードルが高いかも
  • 店員さんが様子を見てくれるので単独でも安心

お店のサイズが大きく、常連も新規も多数訪れるので、初心者の方にはちょっとハードルが高いです。

眠れる森の美女の詳細は『渋谷ハプニングバー「眠れる森の美女」に潜入調査してきた』で紹介しています。

店名 眠れる森の美女
公式HP http://www.sleeping-beauty2006.com/
住所 東京都渋谷区道玄坂2-21-10
営業時間 15~翌5時(イブニングタイム:15時~19時)
電話 03-3770-4455
単独男性料金 【オールタイム】
入会金:7,000円
チャージ料金:17,000円
【イブニングタイム】
入会金:7,000円
チャージ料金:8,000円
延長料金:9,000円
単独女性料金 【オールタイム】
入会金:2,000円
チャージ料金:0円
【イブニングタイム】
入会金:2,000円
チャージ料金:0円
延長料金:0円
カップル料金 【オールタイム】
入会金:男性7,000円/女性2,000円
チャージ料金:二人で8,000円
【イブニングタイム】
入会金:男性7,000円/女性2,000円
チャージ料金:二人で3,000円
延長料金:二人で5,000円

上野のハプニングバー

あまり歓楽街の印象がないかもしれませんが、上野エリアにも複数のハプニングバーがあります。

ハニートラップ

ハニートラップ」はバーっぽい雰囲気でお酒を飲みながら交流できるハプニングバーです。

私はここで超好みな塩顔男性と出会えたのですが、ハプニングには発展できず…ぜひリベンジしたいと思っています。

  • 男女比率は男7:女3、もしくは男6:女4ぐらい
  • 終電前後の時間帯になるとお客さんが増える
  • プレイルームは全部で3つある
  • 常連さんが固まっていると、新規のお客さんは入りにくいかも
  • 若い男女が多い

プレイルームは地下にフロアがあり、「大部屋」「通路部屋」「個室」の3種類です。

バースペースはカウンターとソファ席、スタンドに分かれていて、それぞれがお酒を飲みながら歓談を楽しみます。

常連さんが多くいるお店なので、初心者男性はまず常連さんと仲良くなるのも一つの手ですよ。

ハニートラップの詳細は『上野・御徒町ハプニングバー「ハニートラップ」に潜入調査してきた』で紹介しています。

店名 ハニートラップ
公式HP http://www.bar-honeytrap.com/
住所 東京都台東区上野5丁目25-17東成ビルB1階
営業時間 13時~翌5時
電話 03-5826-8799
単独男性料金 入会金:1,000円
昼の部入場料:8,000円
夜の部(平日)入場料 :12,000円
夜の部(金~日・祭日前・祭日)入場料:15,000円
単独女性料金 入会金:1,000円
昼の部入場料:0円
夜の部(平日)入場料 :0円
夜の部(金~日・祭日前・祭日)入場料:0円
カップル料金 入会金:二人で2,000円
昼の部入場料:二人で5,000円
夜の部(平日)入場料 :二人で8,000円
夜の部(金~日・祭日前・祭日)入場料:二人で8,000円

ラスク(RUSK)

ラスク(RUSK)」は半個室のようなスペースも用意されているハプニングバーです。

バーカウンターとフロアスペースではお酒や歓談を楽しみ、半個室のスペースでは2人きりでじっくりと関係を深められます。

  • この日は全体で20人ぐらいだったが、少ない方らしい
  • 多い日はフロアスペースが人で埋まる
  • 店内は落ち着いて楽しめる大人なお店の印象
  • 年齢層が高いので、20代の若い人と出会うのは難しいかも
  • 半個室が禁煙と喫煙に分かれているので、タバコが苦手な人も安心

若い男女がたくさんいて賑わっているというよりは、落ち着いて楽しんでいる方が多くいるため、初心者の方でもなじみやすいです。

プレイルームも他人から覗かれない仕様なので、まだハプニングバーに慣れておらず、覗かれるのが怖い女性も入りやすいですよ。

ラスクの詳細は『上野ハプニングバー「ラスク(RUSK)」に潜入調査してきた』で紹介しています。

店名 ラスク
公式HP http://bar-rusk.com/
住所 東京都台東区上野2丁目
営業時間 13~翌5時
電話 03-5817-8857
単独男性料金 入会金:1,000円
昼の部入場料:8,000円
夜の部入場料(平日):12,000円
夜の部入場料(金土日祝):15,000円
単独女性料金 入会金:1,000円
昼の部入場料:0円
夜の部入場料(平日):0円
夜の部入場料(金土日祝):0円
カップル料金 入会金:1人1,000円
昼の部入場料:5,000円
夜の部入場料(平日):7,000円
夜の部入場料(金土日祝):7,000円

六本木のハプニングバー

六本木にはまだオープンしてから数年の新しいお店「フェイス」があります。

BARフェイス

BARフェイス」は女性からの人気が高いハプニングバーです。

ハプニングバーには珍しい分煙スタイルが特徴で、タバコのにおいが気になる方、周囲の人にバレたくない人からも人気があります。

店員さんの人気が高く、女性客のなかには店員さん目当てで通っている方もいるほど。

ほどよい距離感でこちらのことを気にかけてくれるので、とても居心地がいいお店だなと感じました。

  • 女性に人気なお店
  • ピークは週末の終電前後
  • 店内はカジュアルなバーっぽい雰囲気でとてもオシャレ
  • オシャレすぎてエロいことに発展しにくそう
  • 店員さんがかなり気配りしてくれるから居心地がとてもいい

オシャレなバーやカフェのような内装で、ハプニングバーっぽさが強くないのも、初心者女性から人気を集めています。

ハプニングバーに興味はあるけど、まだ過激なお店に行く勇気が持てない方におすすめです。

フェイスの詳細は『六本木ハプニングバー「BARフェイス」に潜入調査してきた』で紹介しています。

店名 BARフェイス
公式HP http://bar-face.jp/
住所 〒106-0031
東京都港区西麻布1-1-1EDGEビルB1
営業時間 13時~翌6時
電話 03-6884-8058
単独男性料金 入会金:1,000円
会員登録手数料:1,000円
昼の部入場料:8,000円
夜の部(平日)入場料 :12,000円
夜の部(金~日・祭日前・祭日)入場料:15,000円
単独女性料金 入会金:1,000円
会員登録手数料:1,000円
昼の部入場料:0円
夜の部(平日)入場料 :0円
夜の部(金~日・祭日前・祭日)入場料:0円
カップル料金 入会金:二人で2,000円
会員登録手数料:二人で1,000円
昼の部入場料:二人で5,000円
夜の部(平日)入場料 :二人で8,000円
夜の部(金~日・祭日前・祭日)入場料:二人で9,000円

まとめ

今回は、東京にあるハプニングバーのなかでとくにおすすめなお店を紹介しました。

東京には多数のハプニングバーがありますが、そのなかでも新宿にお店が多いです。

歓楽街として栄えている街、飲み屋など夜に活気づく街に集まる傾向があります。

お店ごとに特徴があるので、自分に合っているお店を選ぶのが、ハプニングバーを楽しむ最大のコツです。

「初心者だから過激じゃないお店がいい」
「たくさんの異性と楽しめる過激なお店を探している」
「カップルで長く通えるお店を見つけたい」

あなたが求めているお店はどんな場所か、考えながらお店を選びましょう。

ハプニングバーは最初緊張しますが、自分の性癖に素直になって楽しめる非日常なお店です。

あなたが輝けるお店を見つけるためにも、ぜひ今回紹介したお店を参考にしてみてください。

最後に…管理人からのおすすめ情報

ハプニングバーで確実にセックスする方法

シュウジ
出会い系で女性を見つけて連れていこう!

ハプバーに行ったけど、女性に相手をされず、何もできず寂しい思いをした人も多いのではないでしょうか。

ハプバーで楽しむために秘訣は、ハプバーに女性を連れて一緒に入ることです。

女性を連れていると、他の女性やカップルと絡みやすく、いろんな女性と複数プレイやセックスがやりやすくなります。

また、女性を連れていくと、カップル料金となり、ハプバーの入場料が半額になるのも大きなメリットです。

ハプバーに一緒に行ってくれる女性を探すなら、出会い系を使うのが一番簡単です。

おすすめ記事

僕が今まで色々な出会い系を使ってきたなかで、エッチな子を探すならワクワクメールを一番おすすめします。

ハプバーに興味を持って募集をしている男女の書き込みもたくさんあります。

ハプバーでエロいことしたい人は、ワクワクメールで女性を連れていくことをおすすめします。

\ワクワクメールの登録無料!/

公式サイトはこちら

※18歳未満の利用禁止
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
えみ

えみ

ぎりぎり20代のアラサー女。幼少期、父親が持っていたAVを見てしまったのをきっかけに露出に目覚める。塩顔男子が好き。

-ハプニングバー

© 2020 東京アップデート