ハプニングバー

新宿ハプニングバー「ハッピー(happy)」に潜入調査してきた

ハプニングバーの潜入取材
えみ

えみ

エッチ方面の好奇心たっぷりな30代女。ハプニングバーに行くようになってから性のリミッターがバグりつつある。塩顔男子が好き。

新宿にあるハプニングバーハッピー(happy)」

今回は、お店側から声をかけていただき、お店へと向かいます。

実際に行ってみると、ハッピーはどんな性癖も受け止める「なんでもあり」なハプニングバーでした。

カオスとアットホームが混在した独自の空気感があり、常連さんも多かったです。

この記事では、実際に向かうまでの流れや、お店で体験したことなどをまじえてご紹介していきます。

えみ

お店から許可を得て撮影した店内写真もあるので、雰囲気を知りたい方はぜひチェックしてくださいね!

なお、東京のハプニングバーについては『東京のおすすめハプニングバーまとめ』をご参考ください。

店名happy(ハッピー)
住所「ローソンストア100 新宿五丁目店」より電話確認
営業時間月・水~土:18時~翌朝1時
※火曜・日曜は不定期営業
電話090-9137-4221
単独男性料金入会金:10,000円 → 入会金無料
入場料(フリータイム):8,000円 → 4,900円
※ 来店予約した方、毎日先着15名限定
単独女性料金入会金:1,000円 → 入会金無料
入場料(フリータイム):500円 → 100円
※ 来店予約した方、毎日先着15名限定
カップル料金入会金:5,000円 → 入会金無料
入場料(フリータイム):4,000円 → 3,000円
※ 来店予約した方、毎日先着15名限定

割引情報

現在、コロナの為、入会金無料、入場料もキャンペーン割引中です。

来店予約した方は、毎日先着15名限定で以下の入場料となりお得です。
・男性:4,900円
・女性:100円
・カップル:3,000円

ハプバー攻略マニュアル

ハプバー攻略

ハプバー通いの私がハプバー攻略マニュアルを作成しました。

東京・大阪のハプバー店の徹底解説から、絶対にハプるための戦略まで、すべてのノウハウを凝縮しています。

ハプバーの完全攻略のガイドブックとして、ぜひお読みください!

ハプバー攻略を見てみる

新宿ハプニングバー「happy(ハッピー)」へ

今回向かうことにしたのは、新宿のハプニングバー「ハッピー」です。

ハッピーは変態バーと自称していることもあり、ホームページの印象だと「マーキス東京」や「G★Rstar」と近い印象を受けます。

ハプニングバーを巡るようになって、新宿のハプニングバーも複数訪れてきました。

しかし、今回初めてなのが、お店側から取材しませんか?とお話をいただいたところです。

えみ

お店側からお誘いいただいたの初めて!うれしい~!

ここからは、実際の行き方やシステムについて解説していきます。

ハプニングバーの基本について知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事
ハプニングバーとは?行く前に必ず知っておきたい遊び方・注意点
ハプニングバーとは?行く前に必ず知っておきたい遊び方・注意点

刺激的な時間を過ごせる「ハプニングバー」会員制のお店ということもあり、事前に知ることができる情報はかなり少ないです。今回はハプニングバー初心者が知っておきたい情報をまとめました。単独もカップルも、ハプ ...

tokyoupdate.jp

ハッピーへの行き方

ハッピーはお店で住所を公開していません。

来店したい方は、新宿三丁目駅や新宿御苑前駅から、100円ローソンを目指してください。

電話をかけたローソンは「ローソンストア100 新宿五丁目店」です。

実は電話でお店を確認する際、別のローソン100の前から電話をかけてしまい、慌てて移動しました。

えみ

土地勘がない……

この通りにはコンビニが複数あるため、ローソンに向かう際には注意するようにしましょう。

ハッピーの外観

ローソンでなんとか合流できたあと、お店に電話をかけます。

詳しい道順は伏せますが、ローソンから徒歩数分圏内の位置にお店がありました。

ハッピーの外観は、一見普通の住居ビルのような見た目をしています。

飲み屋がたくさん入ったビルというよりも、住居用のビルのような印象です。

ハッピーのインターホンを押すと、電話で対応してくれた店主の男性の方が出迎えてくれました。

ハッピーのシステム

出迎えてもらい部屋へと足を踏み入れると、室内も「お店」というより「家」みたいな印象です。

入店すると、まず最初に手洗い・うがい薬の服用を促されます。

入店してすぐにうがい薬を服用したことは過去のハプバー巡りではなかったため、ちょっとびっくりしました。

えみ

感染症対策は重要ですね!

ハッピーのドリンクは、冷蔵庫から好きな飲み物を持ち出すスタイル。

複数の缶商品が入っていたため、私はほろよいをいただきました。

お酒を選び席に座ると、入店前のチェックに移行します。

入店前にチェックすること

ハッピーのホームページを見てみると、新規会員は登録前に面談を行うとのこと。

私も紙を渡されて、入会前に確認したいことを筆記します。

男性店員

では、この紙に本名・ハンドルネーム・性癖などを書いてもらっていいですか?

えみ

名前はともかく、入会時に性癖を書くの初めてだな……

男性店員

ここで聞いた「〇〇さんは✕✕なプレイが好きで何がNGで~」っていうのを参考に、お客さん同士の合う合わないを判断してますね

えみ

なるほど!それなら新規の人も安心して楽しみやすいかも

新規会員の面談では、主に「その人がお店でどんなことを楽しみたいか」「他の会員の方に迷惑をかけないか」を重点的にチェックしているようです。

難しいことは聞かれないので、初めての方も安心してください。

新規の方は、面談の都合もあるので22時までの来店が望ましいとのことです

ハッピーの簡単なフロア図

ハッピーは、入室するとだいたいフロア全体を見渡せるサイズ感です。

ハプニングバーのなかでは、小サイズの店舗に分類されます。

特に気になったのがSM用の吊り具です。

入店してすぐ、フロアの天井に設置されている吊り具が目に入りました。

えみ

お~こういうのに縄で吊るされてるの見たことある

後から分かるのですが、ハッピーはかなりSMに特化しているお店のようで、用具もたくさん揃えられていました。

SM好きの方、SMデビューをしたいと思っている方におすすめしたいお店です。

フロアでは、コスプレのカップルがイチャイチャしていたり、女性がセルフ緊縛の練習をしていたり。

なかにはおにぎりを持ち込みして食べている人もいて、みんなが各々好きなことをしている自由な空間が広がっていました。

えみ

カオスとも言える

ハッピーの店長さんにいろいろ質問してみた

せっかくお店側から声をかけていただいたため、ハッピーの歴史や魅力について男性店長さんにいろいろ伺ってみました。

えみ

このお店はもともとここで営業していたんですか?

男性店員

もともとは別だったんですけど、人気が出て人があふれちゃったんですよ

それで、いまのここに移動してきたんです

えみ

は~~人気店なんですね

ハッピーは営業開始してから20年ほど経つ老舗店。

別店舗での営業や店長の交代など、さまざまなことがありつつ20年以上営業してきました。

現在では、店長さんがゲーム好きの集まるお店とハプバーの同時経営をされているとのこと。

某ゲームのオフ会では50人ぐらいのお客さんが集まったとか。

えみ

穏やかで話しやすい方なので、店長さんの人柄も愛されている理由として大きそう

SM・縄に強いお店

次に、店内でもひときわ目立つSM関連についてお伺いすることにしました。

えみ

道具とかも多いですけど、やっぱりSMに特化されている感じなんですか?

男性店員

そうですね

基本はなんでもありのお店ですが

フロア内には吊り具や縄・ムチなどが置かれており、見た目でSMに特化してそうに見える店内。

濃い性の世界に触れている書籍類も複数置かれています。

お話を伺っていくと、店長さんも緊縛をされるとのことでした。

男性店員

前にはね、映画の緊縛を担当したこともあるんですよ

そこのポスターはその時ので、サインも入ってるんです

見せていただいたのは、店内に飾っているポスター。

見てみると、「紅薔薇夫人」という映画作品のものでした。

店長さんは緊縛師として、この作品に関わったそうです。

えみ

すごいな…緊縛に精通されている方だ

フロアでは一人で縄を持ち、体を縛る練習をしている女性の方もいて、SM好きな方が集まりやすい環境だと感じました。

SMを始めてみたい方のなかには、「どこで体験すればいいか分からない」「誰に相談すればいいか分からない」という方も多いです。

ハッピーならSMに精通した店長さんがいるし、SM好きな方が集まりやすいので、SMを始める第一歩におすすめします。

ハッピーは「なんでもありのお店」

店長さんからお話を聞いていて印象的だったのが、「うちはなんでもありのお店」という言葉です。

男性店員

本当になんでもあり!

SMやボディペイント、3人以上でのサンドイッチとか
どんな変態さんも受け入れています

えみ

へ~本当になんでもありなんですね

ちなみに、女性同士とかは?

男性店員

女性同士も、お互いに問題なければ大丈夫ですね

えみ

ハプニングバーで同性同士が絡めるのは珍しいですね!

ハッピーは、SMを始めさまざまな性癖を持った人が集まる「なんでもありなお店」を提唱しています。

同性同士やちょっと特殊な性癖も、お客さん同士の了承があれば問題ないそうです。

男性店員

女体双六やワールドカップに合わせたボディペイントとか

イベントごとにいろんな企画もおこなってます
楽しいことが大好きなんですよね!

ニコニコとしながら、過去におこなってきたイベントなどを教えてくれた店長さん。

店内には、ロープを用いた飾りやクリスマスをイメージしたイルミネーションも展示されていました。

お客さんはもちろんのこと、店長さんも楽しめるような空間が、ハッピーには広がっています。

他にも濃い変態さんトークを聞いて、このお店ならなんでも受け止めてくれそうだなと思わせてくれました。

えみ

誰にも言えない性癖がある・誰かに性癖を受け止めてもらいたい

悩める変態さんも、ハッピーなら受け止めてもらえますよ!

もちろん、店長さんがお客さん同士の相性などを見ながら見守ってくれているからこそ、自由な店内が成立しているのでしょう。

最後に、店長さんからコメントをいただきました。

男性店員

ぜひ新しい変態さんにも来てほしいなって思ってます!

本当になんでもありのお店なので、ぜひ来てみてください!

えみ

新しい変態さん大募集!

なんでもありのお店で楽しみましょう~!

【限定公開】ハッピーに行ってみた感想

鍵・ロック

限定公開中

この箇所を読むには、メルマガ登録を頂いた方限定で配布しているパスワードが必要となります。
⇒無料メルマガの登録はこちら

まとめ

まとめ(えみ)

ハッピーは、いろいろな性癖を持った人が集まる常連人気の高いお店でした。

来店して感じたことを最後にまとめてご紹介します。

  • 来店時は他に5人ほどお客さんがいた
  • 男女比率は5:5ぐらい
  • 20年以上の経営歴がある老舗店
  • 常連人気が高く、長年通っている人も多い
  • どんな性癖もOKな変態さんのたまり場

店内はそれぞれが好きに楽しみながら過ごしていて、たまり場や隠れ家っぽい雰囲気がありました。

小さめの店内ではありますが、吊り具など道具も揃っていて、SMスタートにもおすすめのお店です。

「どんな性癖もOK!変態さん大募集!」と、新規の方にもウェルカムな空気なので、気になる方はぜひ来店してみてください。

えみ

せっかく写真撮影できるんだから、縄で縛られた写真でも撮っておけばよかったかな……もったいなかったかもしれない

少しの後悔を持ちつつ退店したハッピー。

次に訪れるときには、性癖トークに花を咲かせつつ、実際にプレイも体験してみたいですね。

ハプバー攻略マニュアル

ハプバー攻略

ハプバー通いの私がハプバー攻略マニュアルを作成しました。

東京・大阪のハプバー店の徹底解説から、絶対にハプるための戦略まで、すべてのノウハウを凝縮しています。

ハプバーの完全攻略のガイドブックとして、ぜひお読みください!

ハプバー攻略を見てみる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ハプニングバー
-