ハプニングバー

上野ハプニングバー「ハーネス東京」に潜入調査してきた

ハプニングバーに行く
えみ

えみ

エッチ方面の好奇心たっぷりな30代女。ハプニングバーに行くようになってから性のリミッターがバグりつつある。塩顔男子が好き。

露出が好きな女ライターえみです。

2022年4月にオープンした新しいハプニングバー「ハーネス東京」

ホームページをチェックすると、お店の内装・デザインに強いこだわりを持っているのを感じます。

実際に来店してみてもオシャレかつ洗練された空間が広がっていて、とても素敵な時間を過ごすことができました。

この記事では、ハーネス東京に来店した率直な感想や、実際に店内で体験した話を中心にご紹介します。

ハーネス東京が気になっている方、上野で新しいハプニングバーに行ってみたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なお、東京のハプニングバーについては『東京のおすすめハプニングバーまとめ』をご参考ください。

店名ハーネス東京
住所「JR上野駅広小路口」付近から電話確認
営業時間平日
【昼の部】13:00~19:00
【夜の部】19:00~翌5:00
週末・祝日・祝前日
【夜の部】19:00~翌5:00
日曜のみ
【昼の部】11:00~18:00
【夜の部】17:00~23:00
電話03-5816-1199
単独男性料金【昼の部】9,000円
【平日夜の部】13,000円
【週末・祝前日・祝日夜の部】16,000円
【日曜日夜の部】9,000円(翌日が平日の月曜日)
【日曜日夜の部】16,000円(翌日が祝日の月曜日)
単独女性料金0円
カップル料金【昼の部】7,000円
【夜の部】9,000円
【日曜日夜の部】6,000円(翌日が平日の月曜日)
【日曜日夜の部】9,000円(翌日が祝日の月曜日)

ハプバー攻略マニュアル

ハプバー攻略

ハプバー通いの私がハプバー攻略マニュアルを作成しました。

東京・大阪のハプバー店の徹底解説から、絶対にハプるための戦略まで、すべてのノウハウを凝縮しています。

ハプバーの完全攻略のガイドブックとして、ぜひお読みください!

ハプバー攻略を見てみる

上野のハプニングバー「ハーネス東京」へ

暑さが厳しい某日、汗だくになりながら人生何度目かのハプニングバー巡りに行ってきました。

今回行くことにしたのは「ハーネス東京」という上野のハプニングバー。

ホームページを見た感じだと、なんだか内装やデザインにこだわっていて、オシャレで上品なお店という印象でした。

後から店員さんに言われて知ったのですが、2022年4月にオープンしたばかりの新規店舗とのことです。

他のお店とはどんな違いがあるのかを楽しみにしながら、お店へと向かいました。

私が上野エリアで訪れた他のお店については、こちらの記事もチェックしてみてください。

上野・御徒町「ハニートラップ」潜入調査レポート
上野「ラスク(RUSK)」潜入調査レポート
上野「パピヨン」潜入調査レポート

ハーネス東京へ向かう

ハーネス東京に行くには、JR「上野駅」の広小路口から電話で確認をおこないます。

久しぶりに上野駅に降り立ち、広小路口に向かいます。

前回上野駅に来たときは昼間でしたが、夜に来てもなかなかの人がいます。

広小路口と書かれた看板を背に電話をかけると、男性店員さんが電話に出てくれました。

男性店員
はいハーネス東京です
えみ
すみません、今日お店に行きたいんですけど
男性店員
ありがとうございます!いまは上野駅でよろしいですかね?

そうしましたら、XXXXまで目指していただいてよろしいですか

えみ
あ!はい!分かりました!
(どこか全然分かってないけど)

電話を切った後は、土地勘が全くないのでグーグルマップを頼りにXXXXを目指します。

あとから思いましたが、広小路口じゃなくて「正面玄関口」からのほうが私のように土地勘がない人間だと分かりやすかったです。

えみ
分からなければお店の人に電話して教えてもらいながら向かいましょう

ハーネス東京に入店する流れ

ハプニングバーに行く
男性店員
いらっしゃいませ!先ほど電話してくれた方ですかね?
えみ
そうです~お願いします!

出迎えてくれた男性店員さんに導かれ、受付スペースで入店の手続きをしてもらうことになりました。

ハーネス東京では、登録をするのに顔写真付きの身分証明書と保険証の2点が必要です。

来店時の参考として、ハーネス東京で気をつけたいポイントをご紹介します。

  • 新規登録には顔写真付きの身分証明書と保険証の2点が必要
  • スマホはフロアの一部以外では使用禁止
  • 荷物はすべてロッカーに預ける

基本的に、他のハプニングバーとルールに大きな差はないと感じました。

多くのハプニングバーが顔写真付きの身分証明書の提出が必要なので、来店を考えている方は、事前に準備をしておくとスムーズです。

ハーネス東京の簡単なフロア図

受付が終わると、そのままスタッフさんがハーネス東京のフロアを案内してくれました。

ハーネス東京の簡単なフロア図は、こちらです。

店内は広く、けっこうな人数が入れます。

ホームページをチェックしてみたところ、座席数で46席・最大収容人数は70名ほどとのことです。

ロッカーも計60個設定しているそうで、週末で大人数が来店するときにも対応できそうでした。

印象的なバーカウンターやシャンデリアなど、フロア全体を見渡しても、オシャレな印象を受けます。

ハーネス東京のプレイルーム

プレイルームについては、鍵がかかっていて店員さんの許可がないと入ることができません。

覗き窓もないため、外から様子を伺うことはできませんでした。

えみ
お手洗いやロッカールームの近くなので、どの程度声漏れするかも気になりますね

今回は、残念ながら他のお客さんも私もプレイルームには入っておらず、内部の様子や声漏れは確かめられませんでした。

次回来店時には、ぜひ内部の様子までチェックしてみたいです。

追記

先日来店し、プレイルームについて知ることが出来ました。

ハーネス東京のプレイルームは、1組が入ってプレイできる個室タイプと、複数組が入れる大部屋タイプがあります。

個室タイプは人気が高く、私が来店した時は複数組が予約待ちしていたようです。

他の方と同じで良ければ個室が埋まっていても大部屋に通してもらえるようですが、個室希望の方は、混んでいる時は多少待つ必要があるかもしれません。

こだわりたっぷり!オシャレな店内で楽しむ

フロア案内が完了すると、バーカウンターに通されました。

私の後ろにはファミレスなどにもあるようなドリンクサーバーがあり、ソフトドリンクはそこから注ぐこともできるようになっています。

えみ
これが置いてあるハプニングバー初めて見た

通されたバーカウンターは、ライトアップされていてツヤツヤと輝いています。

インテリアには全く詳しくありませんが、とんでもない高級感です。

公式HPより

ホームページの説明によると、パープルアゲート(紫メノウを)を割り合わせたとか。

さっぱり詳しくはないけど高そうと思っていたところ、後ほど単独男性から「このカウンターだけで店建つぐらい高いらしい」という話を伺って震え上がりました。

えみ
いっぱい触っておこ……

単独男性とカウンターでおしゃべり

お店に入ったとき、店内には私を含めて10~15人ほどのお客さんがいました。

女性は私を含めた4人ほどで、残りは男性会員です。

カウンターには数人グループで盛り上がっている人達と、2人で会話している男女。

私はとある単独男性の隣に案内されました。

男性
は、はじめまして~よろしくお願いします…!
えみ
はじめまして…!このお店は通い慣れてるんですか?
男性
いえ、僕は前まで上野の違うハプバーにいたんですけど、最近このお店に来るようになったんです

ちょっとおどおどしている単独男性とお喋りさせてもらうと、もともといた上野の別ハプニングバーから卒業し、新店舗を探していたらハーネス東京を見つけたとのことでした。

えみ
なんで前のお店はやめたんですか?
男性
前のお店は常連男性が多くて…

ずっと同じお店だったし、違うお店に行ってみようかなと思ったのがきっかけですね

えみ
なるほど~確かにあのお店(店名を教えてもらった)は男性が多かったかも

長年愛されているハプニングバーは、安定して楽しめるのが魅力ですが、日によっては常連男性が中心で新規の単独男性が輪に入れない場合も。

そのお店でなかなか結果を出せないのなら、思いきってお店をチェンジするのも一つの手かもしれませんね。

ハーネス東京を知ったのはツイッターがきっかけ

男性にハーネス東京を選んだ理由を聞くと、ツイッターの「スペース」を目にしたのがきっかけとのことでした。

男性
このお店、定期的にツイッターのスペースで放送みたいなのしてるんですよ

それがたまたまアカウントに回ってきて「あ、次ここにしようかな」って感じですね

えみ
へ~すごい、宣伝効果しっかり出てる!

ハーネス東京はツイッターアカウントを運用しています。

そのツイッターでは、定期的にゲストを招いたスペース放送などをおこなっているようです。

ハプニングバーは店員さんやお店の雰囲気が分からず、入りにくいお店が多いです。

その点、ハーネス東京は店内写真の公開やツイッターなど、初心者の方でも入りやすいような活動が多いなと感じました。

えみ
店員さん、○○さん(単独男性)スペースでこのお店のこと知ったみたいですよ
男性店員
え!そうなんですか!?うわーうれしいです!!

定期的に投稿しているので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

ハーネス東京がどんなお店か知りたい方は、ぜひ「ハーネス東京のTwitter」もチェックしてみはいかがでしょうか。

テーブル席でゆっくりイチャイチャ

単独男性とカウンターでおしゃべりをしていると、単独男性からテーブル席の話を振られました。

男性
あっち行くと、ソファとテーブルがあるんですけど、テーブルになんか置いてあるんですよね
えみ
へ~何が置いてあるんですか?
男性
いやよく分からないんですよね…一緒に見に行きませんか?

ははーんこれはお誘いだ!

比較的大人しそうな単独男性なこともあり、何だか誘い文句も遠回しな感じです。

カウンターである程度話も楽しんだ私は、男性に誘導されるまま、テーブル席に着いていくことにしました。

距離が近づくテーブル席

テーブル席に行くと、確かにテーブルの上に四角い物が置いてあって、ひとしきりそれについて会話をしました。

結果として、コンパクトなライトだったのですが、使い道はいまいち分かりません。

えみ
我々は薄暗いから足元とか見たいときに使うんじゃないかと結論付けましたよ

二人でソファに隣り合って座ると、先ほどのカウンターとは違い、お互いの肌が触れ合いました。

距離が近づいて、手を触れ合わせ、そっとハグやキスを楽しみます。

テーブル席は衝立があるのでカウンターから若干見えにくく、物理的な距離も縮まるので、イチャイチャしやすかったです。

触れるだけのキスから舌を絡めて、何度かキスを繰り返します。

オシャレな空間でキスを楽しんでいると、非日常を味わっているなと感じさせてくれました。

男性
向こう(プレイルーム)行きます…?
えみ
ん~~……

すみません、今日はこのあと予定があるので帰ります!

男性とのイチャイチャは大変楽しかったのですが、私はハプバー巡り中。

このあともできれば他店に行きたい気持ちがあったため、この日は残念ながらイチャイチャだけして帰ることにしました。

男性
また会ったらぜひ…!
えみ
はい、また会ったら仲良くしてください~!

新規店舗だからこそ常連がいなくていまがチャンス!

男性とのイチャイチャを終えて、店員さんに帰る旨を伝えると、受付まで見送りについてきてくれました。

男性店員
週末でごちゃごちゃしててすみません、大丈夫でしたか?
えみ
はい!とってもオシャレで楽しかったですよ!

けっこうお客さん入ってるし、人気店ですね

男性店員
いえいえ、でもオープンしたのが今年の4月なので、まだまだですよ
えみ
今年の4月だったんですね!新店舗だ!

女性客はこの日抽選キャンペーンをやっていたため、抽選をさせてもらいながらもう少し店員さんに話を伺ってみます。

えみ
新しいお店となると、これからお客さんに集まってきてほしい感じですね
男性店員
そうですね~逆に言えば、いまは常連さんもほとんどいない状態なので、新しい方でも通いやすいと思います!
えみ
たしかに!話していた単独男性もそう言っていました

新規オープンしたばかりのハーネス東京。

オープンしたばかりだからこそ、「常連が多くて肩身が狭い」「これから常連になれるお店を見つけていきたい」

そんなふうに考えている方にも、ぴったりなお店と言えるでしょう。

上野エリアで新たなハプニングバーにチャレンジしてみたいと思っている方は、ぜひハーネス東京を訪れてみましょう。

えみ
抽選キャンペーンなど新規女性の集客にも力を入れているのを感じました!

これから男性も女性も、どんどん増えていきそうな予感ですよ!

まとめ

2022年4月にオープンした上野の新規店「ハーネス東京」

ハーネス東京は実際に行ってみると、オシャレな空間が広がっていて女性でも楽しみやすい雰囲気が魅力的でした。

  • 来店時は10~15人
  • 男女比率は男7:女3
  • プレイルームは覗き見NG・鍵付き
  • 新規店舗だから常連がまだ少ない
  • オシャレな空間だから女性にもおすすめ

オーナーが内装・デザインにこだわって作られた店内は、ハプニングの有無に関わらず、じっくり滞在したくなるような魅力がありました。

新規店なこともあり、まだまだ常連は少ないそうなので、単独男性にもチャンスが十分あります。

プレイルームも鍵付き・覗き見NGでハードルが低いため、彼女と初めてハプニングバーに行きたいカップルさんにもおすすめです。

ハプバー攻略マニュアル

ハプバー攻略

ハプバー通いの私がハプバー攻略マニュアルを作成しました。

東京・大阪のハプバー店の徹底解説から、絶対にハプるための戦略まで、すべてのノウハウを凝縮しています。

ハプバーの完全攻略のガイドブックとして、ぜひお読みください!

ハプバー攻略を見てみる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ハプニングバー