その他

【割引あり】秋葉原の派遣リフレ「ハニーライト」のアロマコースを体験してきた

投稿日:

どうも、シュウジです。

今回突撃したリフレは、「秋葉原ハニーライト」。少数精鋭でやっている派遣リフレだ。

「秋葉原三代目JKリフレ倶楽部」 → 「秋葉原ハニーハニー」 → 「秋葉原ハニーライト」という順番で店名を変えた店である。

店名を変えてパワーアップしたようだが、実際どんな女の子からどんなサービスをしてもらえるのだろうか

そこで今回は、秋葉原ハニーライトの突撃してきたので、その体験レポートを書きたいと思う。

また秋葉原ハニーライトから今回特別に、本記事をみた読者限定でコース料金の割引特典を頂いた。

割引特典は本記事の一番最後に書いてあるので、秋葉原ハニーライトに行こうと思ってる人はぜひチェックしてほしい。

秋葉原ハニーライトに突撃してきた

12月某日。秋葉原駅、昭和通り改札前。

それにしても寒い。急に寒くなった。道行く人はコートを着ている。

こんな寒い日こそ、女性の温もりを求めたくなるものだ。

今日僕が秋葉原に来た目的はただ一つ。秋葉原のリフレを久々に体験しにやってきたのだ

そして今回突撃したのが、派遣リフレの「秋葉原ハニーライト」である。

⇒秋葉原ハニーライトの公式HPはこちら

派遣リフレのシステムは、事前にコースと時間をお店に電話で伝えておき、先に指定のレンタルルームに入って待っていると、後から女の子がやってくるというもの。

お店に連絡した後、さっそく秋葉原のレンタルルーム「メロディ」に向かう。

メロディは昭和通り改札前から徒歩1分。古臭いビルの8階が受付だ。

東京メトロの13番出口から出るとすぐ目の前のビルになる。

このビルの8階に向かうためエレベーターに乗った。

そしたら、18歳、19歳くらいの女の子が3人も一緒に乗り込んできた。

いきなりのハーレムイベント。1人が制服。2人は私服。おそらく店の子だろうか。

こんな怪しいビルのエレベーターの中で、若い子と一緒に乗るのは違和感しかない。

受付がある8階につくと、先客の男たちがズラりと並んでいた。どうやら混んでいるようだ。

「ちょっと待ってね」「はい、お金払った?」「はい、どこの人?何分コース?」

ここの従業員であろう小力似のおっさんが荒々しくスピーディーに客をさばいている。

小力と目があった。

「はい、キミどこ?」

「えっと、ハニーライトです。」

「ハニーライトね。ちょっと待って。」

僕はしばし非常階段の方で自分の順番を待つことに。

非常用階段のドアが開けっ放しになっていた。外の空気が吸えて開放的だ。

ここから秋葉原の高架下を一望できる。

店の看板や車のライトなどが乱反射で差し込んでいて、なぜか幻想的な景色にみえた。

レンタルルームが空き、券売機でお金を払って部屋に入った。

ここで女の子が来るまでしばし待機する。

今回僕は、秋葉原ハニーライトで人気のアロマコースを選んでみた。

アロマコースには、逆リフレが30分とマイクロビキニのオプションがついてくる。

逆リフレやマイクロビキニといえば、リフレユーザーならお馴染みの2大オプションだ。

逆リフレは、客側が女の子をマッサージするオプション。端的にいうとお触りができるわけだ。

マイクロビキニは乳首がはみ出るくらいの際どいビキニ。これは裸よりもエロい。

逆リフレやマイクロビキニは他のリフレ店だと、どちらも5000円くらいする人気オプションだ。

その両方のオプションが含まれるアロマコースは、かなりお得なコースとなっている。

細身で清楚系のまりあちゃんが登場

コンコン。

ドアを開けると、細身の黒髪ストレートで清楚系の可愛らしい子が立っていた。

今回ついてくれたのはこの子。今年19歳になったばかりのまりあちゃん

※本記事の写真は許可を得て撮影しています。

159cm、体重42kgの大学1年生。

体重を聞いたら、サラッと答えてくれるあたり、体型にコンプレックスがないようだ。

まりあちゃんは「すみません」が口癖でのようで、

まりあ
すみません、緊張していて。
まりあ
すみません、部屋せまくて。

などなど、なにかとすみませんを連呼する健気な女の子だ。

まだリフレに慣れていないらしく、初めてのお客さんには緊張してしまうとのこと。

真面目な女子大生がおこづかい稼ぎにリフレ店で働き始めたようなタイプだ。

そんな緊張しているまりあちゃんに、さっそく持ってきたマイクロビキニに着替えてもらう。

そのあいだに僕はシャワーを浴びてくることに。

アロマエステを体験してみる

シャワーを浴び終わると、着替えのパンツがないことに気づく。

シュウジ
あれ、紙パンツってあったっけ?
まりあ
すみません、紙パンツないので、バスタオルを巻いて出てきてもらえればと。

なるほど。これは少し斬新である。

ここのアロマコースは下半身にバスタオル一枚だけ巻いて受けるらしいのだ。

そして、僕はベッドで仰向けになった。

まりあちゃんは着替えたマイクロビキニ姿になっている。

というか、水着の面積が小さすぎないか。さすがマイクロビキニ。

水着が水着の役目を果たしていなく、もう乳首が半分見えている状態である

まりあ
すみません、乳首が見えるビキニで。

まりあちゃんはカバンからローションを取り出す。

まさかこの子のカバンの中にローションが入ってるなんて道行く人は誰も思わなかっただろう。

手慣れた手付きでローションを手に伸ばし、僕の足の裾からローションを塗りたくる。

シュウジ
あっ、冷たっ!
まりあ
す、すみません!

最初こそ冷たかったが、徐々にローションの冷たさがひんやりして気持ちいい。

まりあ
気持ちいいっていわれると嬉しいです。

まりあちゃんの手は徐々に鼠径部へと伸びてくる。

鼠径部をサワサワと触られるとイチモツが反応してしまうではないか。

腰にバスタオルを巻いているだけなので、まりあちゃんの角度からは、僕のイチモツがモロ見えてしまっている。

なんだか恥ずかしい。

シュウジ
オプションはどんながよく出るの?

リフレでありがちな定番の質問を聞いてみる。

まりあ
9割のお客さんが抜いてほしいって言われますね。

まりあちゃんは照れた様子でそう答える。

シュウジ
裏オプションってやつ?
まりあ
そうですね。オプション代次第ですけどね。

まりあちゃんについたお客さんの9割が抜き系オプションを頼んでしまうらしい。

リフレで抜くと高くつくが、こんな可愛い子に生殺しにされたら、抜きたくなる気持ちがわかる。

逆リフレを体験してみる

さて今度は逆リフレをしてみる。

何を隠そう、実は僕は逆リフレをするのが始めての経験だ。

まりあちゃんはマイクロビキニのまま仰向けになる。

スラッとした手足。可憐で細身の身体。

19歳の女の子にこんな格好をさせて、マッサージするなんて、イケナイことをしてるようでエロさと同時に背徳感も感じる

僕はローションを手に取り、ぎこちない触り方で彼女の綺麗な太ももをマッサージする。

まりあ
あっ、気持ちいい。。

彼女は天井を見つめながらそうつぶやく。

こ、これは…。ティッシュがほしくなるではないか!

まとめと割引特典について

さて今回、秋葉原ハニーライトのアロマコースを体験してきた。

まりあちゃんは、清楚系なルックスで、礼儀正しい健気なリフレ嬢だった。

リフレを始めたばかりだが、素人好きにはたまらない、確実に人気が出そうなタイプだ。

ちなみに、お店の公式LINE@に登録しておくと、割引イベントや体入情報、レアな写真を見ることができる。

秋葉原ハニーライトに行くときは、事前に登録しておくとお得だ。

最後に、秋葉原ハニーライトから特別に頂いた、本記事をみた人限定の割引特典を記載する。

割引特典

アロマコース指名料込み通常11000円のところを8000円で可能!
電話で「東京アップデート」を見たとお伝えください。
先着20名様限定。期限は2019年6月末まで。

指名料込みで3000円割引きをしてもらえる

20名限定の枠が埋まり次第、本記事の割引特典を削除するが、上記を記載しているうちは割引特典が利用可能だ。

ハニーライトに行こうと思ってる人は、ぜひこの割引を使ってもらえればと思う。

店名 秋葉原ハニーライト
ジャンル 派遣型リフレ
店舗 秋葉原
公式HP http://www.sanndaime-refle.com/
電話 080-4111-0393
公式Twitter @akiba3daime
公式LINE@ @uwj1414y
今回入ったコース 60分アロマコース(マイクロビキニ、逆リフレ30分付き)
コース料金 10,000円
指名料 1,000円

-その他

Copyright© 東京アップデート , 2019 All Rights Reserved.