ハプニングバー

上野・御徒町ハプニングバー「ハニートラップ」に潜入調査してきた

ハプニングバーに行く
えみ

えみ

エッチ方面の好奇心たっぷりな30代女。ハプニングバーに行くようになってから性のリミッターがバグりつつある。塩顔男子が好き。

露出が好きな女ライターえみです。

上野・御徒町にもハプニングバーがあると聞いて、同じ日に2店舗を巡ってみました。

今回紹介するのは「ハニートラップ」というハプニングバー。

ホームページだけ見るとラウンジ・キャバクラっぽい印象です。

実際に行ってみると、常連も新規も多い人気なハプニングバーでした。

バーカウンターで男性とお喋りした体験や常連さんから聞いた話などもまじえて、お店について紹介していきます。

なお、東京のハプニングバーについては『東京のおすすめハプニングバーまとめ』をご参考ください。

店名ハニートラップ
公式HPhttp://www.bar-honeytrap.com/
住所東京都台東区上野5丁目25-17東成ビルB1階
営業時間13時~翌5時
電話03-5826-8799
単独男性料金入会金:1,000円
昼の部入場料:8,000円
夜の部(平日)入場料 :12,000円
夜の部(金~日・祭日前・祭日)入場料:15,000円
単独女性料金入会金:1,000円
昼の部入場料:0円
夜の部(平日)入場料 :0円
夜の部(金~日・祭日前・祭日)入場料:0円
カップル料金入会金:二人で2,000円
昼の部入場料:二人で5,000円
夜の部(平日)入場料 :二人で8,000円
夜の部(金~日・祭日前・祭日)入場料:二人で8,000円

ハプバー攻略マニュアル

ハプバー攻略

ハプバー通いの私がハプバー攻略マニュアルを作成しました。

東京・大阪のハプバー店の徹底解説から、絶対にハプるための戦略まで、すべてのノウハウを凝縮しています。

ハプバーの完全攻略のガイドブックとして、ぜひお読みください!

ハプバー攻略を見てみる

上野・御徒町のハプニングバー「ハニートラップ」への行き方

都内の「ハプニングバー」を調べていた時、上野にお店があることを知りました。

1つは「ラスク」というお店で、もう1つが今回の「ハニートラップ」です。

どうせなら同じ日に行きたいなと思い、その日は2店舗を巡ることにしました。

時刻は20時過ぎ。

まずは1店舗目のハニートラップに向かいます。

ハニートラップへの行き方

ハニートラップはホームページで住所を公開しています。

最寄り駅はJR「御徒町駅」です。

御徒町駅に着いたら北口から徒歩で向かいます。

お店のホームページいわく徒歩2分とのことで、かなり近そうだと安心して歩き出しました。

歩き出して数分、お店の前と思われる場所に到着しました。

が、この建物で合っているかどうかが分からない……。

ハプニングバーは外部に看板を出していない場合が多いです。

ただでさえ御徒町駅付近に詳しくないのに、看板もないので確信が持てない。

5分ぐらいで到着しましたが、しばらくは建物の周りをグルグル周回していました。

ハニートラップの外観

多分あってる!と言い聞かせて、建物の階段を降りていきます。

B1に着くと黒い扉が出てきました。

扉に「ハニートラップ」と書かれていて、ほっと一安心。

実は私以外にも、建物の外で様子を伺っているっぽい男性がいました。

やっぱり新規のお客さんはちょっと悩むのかもしれません。

魚を焼いているお店のすぐ隣の階段がハニートラップにつながっているので、迷った方は参考にしてください。

ハニートラップに入店する流れ

ハニートラップのインターホンを鳴らすと、男性の店員さんが出てきました。

バーテンダーの服装をしている店員さんから規約の説明を受けます。

ハニートラップの会員になるには、身分証明書が2点必要です。

  • 健康保険証と顔写真付きの証明書2点を持参する
  • 女性の入会金は1,000円
  • 携帯電話は決められた場所以外での使用禁止

健康保険証と免許証を見せ、規約の確認を終えたら申請書にサインをします。

入会金1,000円を支払ったら、入会の手続きは完了です。

ハニートラップの会員カード

ハニートラップの入会手続きが終わると、下のようなカードが渡されます。

ハニートラップは会員制のお店なので、来店時には必ずこのカードを見せないといけません。

持っていないと入店することができないので、注意してください。

また、紛失すると1,000円払って新しく発行することになります。

紛失・持ち忘れがないようにしましょう。

ハニートラップの内装

登録手続きが完了すると、店員さんがそのままお店を軽く案内してくれました。

公式HPの店内写真
公式HPの店内写真
公式HPの店内写真
公式HPの店内写真

ハニートラップは1フロアの中にカウンターとソファの席があります。

初来店の方は会話しやすいようにカウンターに優先して通されます。

ハプニングが体験できるプレイルームはもう1つ下のフロアです。

店員さんに許可を得た男女じゃないと入れないので、今回は見ることができませんでした。

次回は目指せハプニング!

大盛況のハニートラップ!

初来店の私は、店員さんが真向かいにいるカウンター席に案内されました。

この日は週末だったからか、店内には20~30人はいそうです。

「人気なんですね」と聞いてみたところ「今日は特に多い」と言われました。

週末・終電前後の時間帯を狙うと、お客さんが多いタイミングに当たるかもしれません。

カウンター席で綾野剛っぽい男性とお喋り

カウンターに誘導されると、タイトスカート&短足のためイスに上手く上がれず……。

右隣にいた男性の手を借りて、バーカウンター特有のオシャレイスに座りました。

顔を上げて男性にお礼を言うと、これがまたなかなかの男前じゃないですか。

芸能人で言えば「綾野剛」さんっぽく、ちょっと蛇っぽい塩顔をされています。

塩顔男性が大好物の私は、内心ガッツポーズです。

自己紹介して話し始めると、相手の男性も初来店とのことでした。

ハニートラップの近くに住んでいる男性

えみ
このお店に来たきっかけってなんですか?
男性
俺ね、この近くに住んでるのよ

あるって話は聞いてたけど行ったことなかったから、今日仕事早く終わったし行ってみようかなって

えみ
近くに住んでるんですか!じゃあどれだけ酔っても大丈夫ですね
男性
そうそう!お酒大好きだからさ~飲みたいだけ飲めるのはいいよね

ハプニングバーは入場料に飲食代金が含まれていることが多いです。

ハニートラップも一部の商品以外は飲み放題でした。

エロ目的じゃなくても、お酒を楽しみたい目的で訪れる人もいるんだなと分かりました。

えみ
お兄さんモテそうですよね

(セックスした女が病んでセフレ沼に落ちそうな見た目をしている)

男性
んーそうでもないよ、でも今はお付き合いは別にいいかな
えみ
(やっぱり……)

ちなみに、どんなプレイが好きとかある?

男性
Sだから噛んだり絞めたりしたくなっちゃうかな

塩顔イケメン&S気質という組み合わせ。

Mで塩顔好きな私には最高でしかなく、内心拳を高く突き上げます。

そういえば、六本木のハプニングバー「BARフェイス」の店員さんも首絞めセックスが好きと言っていました。

セフレが沼に落ちそうな男性達に、首絞めセックスは人気なようです。

残念ながらハニートラップではハプニングならず……

その後も綾野剛似の男性とお喋りを続けます。

新しくお客さんが入ってくると、カウンターから移動することになりました。

2人でカウンター後ろにあったスタンディングスペースでお酒を飲みます。

途中で常連男女2名もやってきたので、初心者2人はいろいろ質問をすることにしました。

常連さんに聞いたハニートラップ

何度もハニートラップに訪れているという常連男性いわく、時間が遅くなるともっと混んでくるとのことでした。

私が行ったのは20時~22時頃。

常連さんや店員さんが言うには、終電前後になるともっとお客さんが増えるとのことでした。

私が行った時にも既にけっこうな人数がいたのに、もっと入ると聞いて驚きます。

また、常連さんはおすすめのイベントについても教えてくれました。

昼に行くなら「昼顔」というイベント。

昼顔は男性も料金的にお得だし、主婦が多くてハプニングに発展しやすいそうです。

バーベキューイベントではみんなでお肉を持ち寄ったりして、常連も新規も打ち解けやすいと言われました。

初めて行くなら、こういったイベントを狙うのも良さそうです。

ハプニング用のプレイルームについても聞いてみた

えみ
プレイルームってどんな感じなんですか?

プレイルームは店員さんから許可を取らないと見に行けないので、常連さんにどんなスペースか聞いてみました。

常連さんが言うにはプレイルームは「大部屋」「通路部屋(大部屋に通じる部屋)」「個室」の全部で3つ。

一番人気なのは、落ち着いてハプニングを楽しみやすい「個室」とのことでした。

男性
へ~そうなんや~
えみ
ねー気になりますよね

※チラッチラッとプレイルームに行く気がありそうかチェック

男性
え、○○さんは~~(常連男性との会話に夢中)
えみ
プレイルーム……行く気はなさそうか……

好みの塩顔男性でしたが、残念ながら魅力及ばず。

一緒にプレイルームへと行ってくれそうな感じがなかったので、その日はそっと帰りました。

全く関係ありませんが、お喋り中にずっとお酒を飲んでいたので、退店後は膀胱(ぼうこう)がパンパン。

30歳を目前にして、街中で漏らしそうになったのは良い思い出です。

お酒に飲まれながら各ハプニングバーを調査しているので、ぜひ他の記事もご覧ください。

【ハプニングバー体験レポート】
渋谷ハプニングバー「眠れる森の美女」潜入調査
新宿ハプニングバー「リトリートバー」潜入調査
新宿ハプニングバー「クロスシーズンツー」潜入調査
新宿ハプニングバー「カラーズバー」潜入調査
新宿ハプニングバー「ブリスアウト」潜入取材
新宿ハプニングバー「アラベスク」潜入調査
新宿ハプニングバー「9259(九二五九)」潜入調査
新宿変態バー「マーキス東京」潜入調査

【ハプニングバーテクニック】
ハプニングバーでセックスする方法

まとめ

今回は、上野のハプニングバーを巡りに行きました。

「ハニートラップ」は、常連も新規も多い人気なお店でした。

ホームページの印象通り、ラウンジやキャバクラっぽい店内では、たくさんの男女が会話を楽しんでいます。

個人的な印象では可愛い子やキレイな女性が多かったです。

  • 男女比率は男7:女3、もしくは男6:女4ぐらい
  • 終電前後の時間帯になるとお客さんが増える
  • プレイルームは全部で3つある
  • 常連さんが固まっていると、新規のお客さんは入りにくいかも
  • 若い男女が多い

残念ながら綾野剛(に似ている男性)とのハプニングはならず……。

でも、好みな男性とお酒を飲めて楽しい時間でした。

次回は、フロア下にあるプレイルームがどんなところなのか、体験してみたいです。

ハプバー攻略マニュアル

ハプバー攻略

ハプバー通いの私がハプバー攻略マニュアルを作成しました。

東京・大阪のハプバー店の徹底解説から、絶対にハプるための戦略まで、すべてのノウハウを凝縮しています。

ハプバーの完全攻略のガイドブックとして、ぜひお読みください!

ハプバー攻略を見てみる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ハプニングバー