出会い系

JKと出会いたい!女子高生と合法的に出会う方法を徹底解説

若い女の子には、大人の女性にはない魅力がありますよね。

出会い系アプリなどを使いながら「JKと出会いたい」と強く願っている男性も少なくないでしょう。

結論から言うと、JKと出会いたいのなら18歳の女の子を推奨します。

18歳未満の女の子でも、出会っておしゃべりをするぶんには問題ありません。

でも、性的な行為をする場合は、18歳未満と18歳以上でアウトとセーフの線引きが変わります。

18歳のJKを推奨するのには、そういった法律の問題が関係しているためです。

今回は、どのようにすればJKと出会えるのか、具体的な方法や注意点などをまとめました。

「JKと出会いたい」
「でも危ない橋は渡りたくない」

そんな方は、参考にしてみてください。

お店を介さずに、18歳の合法JKと出会いたいなら出会い系が手っ取り早いです。

なお、出会い系を利用するなら以下がおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

管理人激選!おすすめ出会い系ベスト3!

【1位】ワクワクメール ←人気No1 おすすめ!
【2位】ハッピーメール
【3位】PCMAX
※18歳未満の利用禁止

JKと出会う方法

ここからは、JKと出会うための具体的な方法をご紹介します。

それが以下の5つです。

  1. 1.JKリフレ
  2. 2.コンカフェ
  3. 3.スマホゲーム
  4. 4.SNS
  5. 5.出会い系アプリ

それぞれ詳しく解説します。

1.JKリフレ

JKリフレはJKと同年代の女の子が勤務しているマッサージ店です。

マイクロビキニなどのオプションが豊富にあり、18歳~20代前半の若い女の子が勤務しています。

詳しくは『JKリフレは何ができるのかわかりやすく解説』を参考にしてください。

以前は本当のJKも勤務していましたが、規制が厳しくなり、現在は本物のJKは働いていません。

本物のJKに働かせて性的なマッサージをさせているお店は「アンダー店」と呼ばれており、常に警察が目を光らせています。

18歳未満の女の子はいませんが、18歳のJK3(高校3年生)とは出会うことが可能です。

派遣リフレでは「裏オプ」と呼ばれるお店が用意していない性行為を、女の子と交渉する文化があります。

詳しくは、『JKリフレの裏オプとは?』を参考にしてください。

2.コンカフェ

コンカフェ(コンセプトカフェ)にも、多くの若い女の子が勤務しています。

コンカフェに代表されるメイドカフェでは、制服の可愛さもあり、10代の若い女の子が働いていることも多いです。

16歳~18歳の現役高校生も働いています。

合法でJKと会話を楽しむチャンスがあるお店です。

コンカフェの場合、JKリフレのように性的な行為はありません。

あくまでもコスプレやそのお店のコンセプト、チェキ撮影などを楽しむお店です。

若い女の子と手っ取り早くエロいことを楽しみたい方には向いていないでしょう。

3.スマホゲーム

人気のスマホゲームも、JKと知り合うきっかけになります。

最近では同じアプリゲーム仲間とオフ会なども増えており、インターネット上だけではなく、直接的な出会いにつなげる力も期待できるでしょう。

スマホゲームで出会うときに注意してほしいのは、18歳未満との出会いです。

スマホゲームは年齢制限をしている物じゃない限り、18歳未満のJKも多く利用できてしまいます。

16~17歳のJKとの出会いは、かなりリスキーです。

法律違反が判明すれば、逮捕・罰金などが課せられます。

実際に会うときには、相手の年齢を必ず確認するようにしましょう。

年齢確認については『出会い系のJK・JCを見分ける方法』でも紹介しています。

4.SNS

いまJKと出会うために多くの男性が使っているのがSNSです。

主に使われているのはTwitter」や「Instagram」のDM(ダイレクトメッセージ)機能。

ある程度交流をしてからDMに移行し、信頼関係を築いたら直接連絡するように導いていきます。

他には動画配信サービスも人気が高まっており、「Pococha(ポコチャ)」「TikTok」「17live(イチナナライブ)」なども利用者が増加中です。

東京アップデートでも、『Twitterでオフパコする方法』を公開しているので、参考にしてみてください。

ただし、SNSでの出会いは年々規制が厳しくなっています。

サイバー警察が張り込み、JKとの援交などがおこなわれていないかパトロールを欠かしません。

本人確認をしていないSNSはアカウント複製も簡単なため、男性を狙った業者も多数潜伏しています。

出会う際にはかなり慎重に、かつ18歳未満は避けながら利用するようにしましょう。

5.出会い系アプリ

出会い系は必ず年齢確認をおこなっており、18歳未満のJKは登録できません。

18歳から登録ができるため、18歳の高校3年生世代とは出会える可能性があります。

出会い系のメリットは、出会いを探している男女が集まるので、直接の出会いにつなげやすいこと。

逆にデメリットは、男性は有料でお金がかかることです。

「JKリフレのように働いている女の子ではなく、素人の女の子に出会いたい」

「年齢確認をしていて合法的に出会いやすい」

そんなツールを探している方に向いています。

出会い系でJK~JDを狙いたい男性は、『出会い系をエロ目的の初心者に徹底解説』もご参考ください。

JKに関する法律と逮捕されるケース

まず始めに、おしゃべりや食事など、普通に出会いを楽しむぶんには18歳未満でも大丈夫です。

注意したいのは性行為を含む出会いについて。

18歳未満のJKと性行為をおこなうのは、法律違反です。

ただし、同じJKでも18歳以上なら性行為をしても法律違反にはなりません。

日本の法律は、年齢によって指標が定められています。

そのため、同じJKでも年齢によって性行為がNGかOKかが変わってくるのです。

現役JKの年齢ラインについて、詳しく解説しましょう。

現役JKでも18歳ならセーフ

日本の法律で、JKとの性行為に関係することを定めているのは主に以下の2つです。

  • 青少年保護育成条例(淫行条例)
  • 児童福祉法

他にも金銭が関係する性行為については、「児童買春法」などで定められています。

詳しくは『18歳JKとの援交やセックスの淫行条例を解説』をご参考ください。

これらの法律を簡単にまとめると、「児童(青少年)とみだらな行為をしてはいけない」とされています。

この児童の範囲が18歳未満(17歳以下)に限定されているため、仮に現役のJKと出会っても18歳ならセーフになるのです。

合法的にJKと関係を持ちたいのなら、必ず18歳以上かどうかを確認するようにしましょう。

18歳未満との出会いは違法

逆に18歳未満(17歳以下)は児童に該当するため、みだらな行為をすると法律で罰せられます。

具体的にみだらな行為に該当するのは、以下のような行為です。

  • 手コキ
  • フェラ
  • 素股

もちろんセックスは問題外です。

また、淫行条例では「わいせつ行為」も禁止行為に含まれています。

わいせつ行為だと体を触って性的にいたずらする、男性器を見せつけるなども処罰の対象です。

ようは「性的な気持ちでおこなう行為は全て禁止されている」と考えると分かりやすいでしょう。

18歳未満と出会うとどうなる?

18歳未満のJKと淫行をしたとみなされたとき、逮捕の流れは以下のようになります。

  1. 警察に逮捕される
  2. 取り調べを受ける
  3. 勾留or被疑者釈放の判断を検察がおこなう
  4. 検察が勾留を請求した場合、10日間身柄を拘束される

留置場に拘束された被疑者は、警察からの取り調べを受けることになりますが、これは最大でも48時間以内までと決められています。

しかし、この48時間は家族などにも会えないことが多いです。

つまり逮捕されることになってしまったら、その後48時間+勾留が決まれば10日間(延長されれば最大23日間)は、家族に会えることもなく身体が拘束されることが決まってしまいます。

同居している人がいる場合、警察から身柄を拘束している連絡が入るのが通常です。

会社については、捜査に必要な場合を除き、警察から連絡を入れなければいけないルールはありません。

連絡が入るか入らないかは、事件の度合いや捜査の状況によって変わります。

もし10日間拘束されることが決まれば無断欠勤が続くことになり、そこからバレるパターンもあるそうです。

その後は、相手側と示談が成立するか成立しないかにより変動します。

示談をすることになった場合、淫行事件での示談相場は約30~50万円。

もちろん事件の重さによって示談金は変動するため、あくまでも相場価格です。

示談が成立しない場合は、罪状によって懲役・罰金の処罰を受けることになります。

真剣交際の場合はどうなる?

18歳未満との性行為は禁止されていますが、真剣交際の場合は例外です。

「東京都青少年の健全な育成に関する条例」内の条文によると、婚約中・それに準ずる真摯な交際関係は除かれると記されています。

関連記事

条文(第18条の6)
何人も青少年とみだらな性交又は性交類似行為をしてはなりません。

違反した場合は、2年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。

みだらな性交又は性交類似行為とは、
青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか、青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱っているとしか認められないような性交又は性交類似行為をいいます。
なお、婚約中の青少年又はこれに準ずる真摯な交際関係にある場合は除かれます。

引用記事「淫行」処罰規定

婚約中・それに準ずる真摯な交際関係は認められるとのことなので、お互いに合意している真剣交際であれば、JKと関係を持っても問題はありません。

バレたときの対策として、交際関係を証明できるような長期的なLINEのやり取りなど、証拠を用意しておくといいでしょう。

実際にJKとの淫行で逮捕されたケース

実際にJKとの淫行で逮捕されたケースにはどのようなものがあるか。

実例をご紹介します。

関連ニュース

18歳未満と知りながら、当時16歳の女子高校生にいかがわしい行為をしたとして、32歳の男が北海道青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、群馬県邑楽町に住む、契約社員の32歳の男です。

男は3月6日、北海道札幌市北区のホテルで当時16歳の女子高生にいかがわしい行為をしたとして、北海道青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されました。

引用 : FNNプライムオンライン

こちらの事件は相手が18歳未満と分かっていながら、いかがわしい行為をしたという事件です。

男性は犯行を認めており、北海道青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されました。

関連ニュース

逮捕容疑は、昨年12月1日午後7時ころ、京都市伏見区内のホテルで、市内の女子高校生(17)とみだらな行為をしたとしている。

同署によると、男と女子高校生は昨秋ごろに市内のゲームセンターで知り合ったという。女子高校生のスマートフォンの無料通話アプリ「LINE(ライン)」に残っていた男とのやり取りを目にした両親が、男に電話をかけて抗議。住所を聞き出し、男の自宅に赴くと告げたという。

これを受け、男は「性行為をした相手の両親が押しかけてきた」と警察に助けを求める110番。駆けつけた警察官が事情を聴き、男の犯行が明らかになったという。

引用 : 産経新聞

上記事件では、JKと関係を持った男性が、LINEから相手の両親にバレて警察に助けを求めました。

SNSのメッセージ機能やLINEは、JKとの関係がバレるきっかけになりやすいです。

管理には十分注意したほうがいいでしょう。

出会い系アプリでJKと出会うポイント

JKと出会う方法の一つである「出会い系アプリ」

ここからは、出会い系を使ってJKと出会うポイントをご紹介します。

出会い系でJKと出会うのには、使うサイト選びとターゲット決めが重要です。

なお、出会い系を利用するなら以下がおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

管理人激選!おすすめ出会い系ベスト3!

【1位】ワクワクメール ←人気No1 おすすめ!
【2位】ハッピーメール
【3位】PCMAX
※18歳未満の利用禁止

年齢認証のある出会い系を使うこと

まず使う出会い系ですが、必ず18歳以上しか使えない出会い系を選ぶようにしましょう。

たとえば、ワクワクメール」「PCMAXは年齢認証をおこなっている人気出会い系アプリです。

出会い系アプリは、規制法により18歳以上しか利用できません。

サイト登録時には年齢認証が義務付けられています。

それにも関わらず、年齢認証なしで利用できる出会い系があったら、それは悪質な詐欺サイトの危険性が高いです。

悪質な詐欺サイトに登録すると、個人情報の流出や架空請求などの被害に合う恐れがあります。

使用する出会い系は、必ず18歳以上しか使えない出会い系を選びましょう。

パパ活女子もターゲットに

最近若い女の子のあいだでは、ギャラ飲みやパパ活が流行しています。

お小遣い稼ぎをしたいJKがパパ活を始めるパターンが増えているため、そこをターゲットにするのもおすすめです。

ギャラ飲みやパパ活は、お小遣いを渡さないといけないので、普通に会うよりもお金がかかります。

食事・デート費用の他に、お小遣いとしてプラス1~3万円は必要でしょう。

お金さえあれば会える可能性が高いので、金銭的な余裕があるおじさんにはおすすめです。

また、お小遣い絡みの出会いは、会うまでも手っ取り早いのがメリット。

サクサクJKと出会いたいのなら、お小遣い目的の女の子をターゲットにしましょう。

JKとリアルで出会う大切なポイント

JKとリアルで出会うためには、まず環境を整えつつ、JKに好印象を持ってもらわないといけません。

JKを探すツールを決めたら、今度はこのポイントを参考にしてください。

連絡先を交換する

JKとリアルで会うことになったら、できればメールやLINEなどの連絡先を交換しましょう。

たとえばオンラインゲーム内やSNS内など、外部のツールでJKと連絡を続けるのは危険です。

警察が怪しんだときに、すぐにメールのやり取りが証拠として提出されてしまいます。

とはいえ、メールやLINEだったら絶対に安全というわけでもありません。

個人の連絡ツールでも、スクリーンショットなどを簡単に撮れてしまいますし、証拠として使われるリスクは変わらないです。

できるだけ援助交際と疑われるような文面を残さないようにすることが大事になります。

コミュニケーションを取る

JKにとって大人の男性との出会いには怖さもあります。

出会い慣れ・援交慣れしている女の子はサクサク交渉してきますが、素人の女の子を狙う場合にはコミュニケーションがとても重要です。

相手から信頼感を得ることができなければ、JKなど若い女の子との出会いは難しくなります。

とくにJKとの真剣交際をお考えの方は、相手の警戒心をとかないと始まりません。

たとえば話題作りのために、相手の趣味を事前に調べておいたり、自分でも楽しんでみたりするといいでしょう。

女子高生に流行っているTikTokの配信者やYouTuberをおさえておくのもいいですね。

SNSでJKと付き合ってセックスした体験談』も参考に、慎重に交流を進めてください。

大人の魅力を見せる

JKが大人の男性に求めるのは「余裕」です。

同世代にはない余裕にJKは惹かれて、継続的な関係を築けるようになります。

大人の余裕とは、たとえば「セックスしたさにガツガツしない」「エスコートを心がける」など。

最も早くて効果的なのは、金銭的な余裕を見せることです。

同世代には連れて行ってもらえないお店や体験を味あわせることで、JKと継続的な関係を作りやすくなります。

ギャラ飲みパパ活と同じになってしまいますが、もしあなたがおじさんなら、1~2万円のお小遣いを渡してあげましょう。

あなたを見る目が変わりますよ。

精神的・金銭的な大人の余裕を見せて、JKに好印象を抱いてもらいましょう。

まとめ

今回は、JKとの出会いについて紹介しました。

18歳未満のJKとの性行為は違法です。

逆に18歳以上なら現役JKでも法律的には違法になりません。

狙うならば、18歳以上のJKを狙うようにしましょう。

出会う方法は、できればスマホゲームやSNSなど16~17歳も使えてしまうツールはおすすめしません。

JKリフレや出会い系など、18歳以上のJKと出会えるツールのほうが安心して利用できます。

なお、出会い系を利用するなら以下がおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

管理人激選!おすすめ出会い系ベスト3!

【1位】ワクワクメール ←人気No1 おすすめ!
【2位】ハッピーメール
【3位】PCMAX
※18歳未満の利用禁止

最後に管理人から

\管理人おすすめ出会い系/

出会い系をエロ目的で始めたい初心者向けに徹底解説

シュウジ
エッチな子と遊ぶならワクワクメールがおすすめ!

僕が今まで実際に色々な出会い系を使ってきたなかで、エッチな子を探すならワクワクメールを一番おすすめする。

セフレ、援交、割り切り、変態、パパ活、乱交…そんな相手を募集する書き込みが1日10万件以上もある。

出会い系業界は、無料の悪質サイトが山ほどあるが、大手の人気出会い系を使えば、今は確実に出会える時代になった。

おすすめ記事

ワクワクメールは出会い系の中でアダルト規制に寛容のため、エッチな子と出会いやすい。

まだ使ったことない人は、お金と欲望が入り乱れる日本の闇を垣間みてほしい。

\ワクワクメールの登録無料!/

公式サイトはこちら

※18歳未満の利用禁止
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

えみ

ぎりぎり20代のアラサー女。幼少期、父親が持っていたAVを見てしまったのをきっかけに露出に目覚める。塩顔男子が好き。

-出会い系

© 2021 東京アップデート