援交

JKが援交募集するヤバイ神待ち掲示板を調べてみた!

投稿日:2018年9月24日 更新日:

当サイトにJKが援交募集している神待ち掲示板が存在するとのタレコミが寄せられた。

タレコミ情報

↓ここの神待ち掲示板はJKが援交してますよ。
http://lovez.jp

さて今回、その真相を確かめるため、神待ち掲示板とやらに潜入を試みた。

先に結論から言おう。

タレコミのあった神待ち掲示板はJKがいるどころか、サクラしかいない詐欺サイトだった。

神待ち掲示板と呼ばれる掲示板は、まだいくつかあるがすべて悪質な出会い系サイトである。

ネット援交が流行っているのは事実だが、それを利用した悪徳業者も増えている。

なお、援交相手を探すなら、援交募集の書き込みが多数ある出会い系がおすすめだ。

管理人激選!援交に使える出会い系ベスト3!

【1位】PCMAX ←援交募集が一番多い!
【2位】ハッピーメール
【3位】ワクワクメール
※18歳未満の利用禁止

さて本記事では、タレコミのあった神待ち掲示板の実態をレポートする

神待ち掲示板の利用を考えている人は、十分に気をつけてほしい。

神待ち掲示板にはサクラしかいない!注意せよ!

そもそも神待ち掲示板とはちょうど2005年頃から流行り出した援交掲示板のようなものだ。

10代の家出少女が、ご飯や寝床を提供してくれる「神」と呼ばれる男性を募っていた。

もちろんタダで泊まれるわけではなく、性的行為が暗黙了解となっている。

神待ちという言葉は、テレビや雑誌にも数多く取り上げられていたので、知っている人も多いのではないだろうか。

2011年にはNHKでも社会問題として報道され、大きな話題となっていた。

神待ち掲示板に会員登録してみる

さて、タレコミのあった神待ち掲示板を実際に使って調べてみる。

本当にJKが援交をしているのか、はたまた嘘のタレコミなのか。

白黒はっきりさせようではないか。

早速アクセスしてみた。画面がスマホ対応ではない。かなり古い作りのようだ。

このページを見ても、女性が集まるとは思えない。悪質出会い系にありがちな明らかな男性向けページである。

画面中央に登録フォームがある。とりあえず、登録してみる。

僕は持っていたGoogleのフリーアドレスを入力した。

どうやらこれで案内メールが送られたらしい。

メールボックスを確認すると、迷惑メールフォルダに入っていた。

利用している端末や機種によっては、迷惑メールフォルダに入る注意書きをしているが、そもそも迷惑メールフォルダに入る時点でGoogleからスパムメール認定されているのであやしいわけだ。

メールをみると、神待ち掲示板の名前は「ラブ」というようだ。

むむむ…!

この時点で出会い系に詳しい人ならすでに察した人もいるだろう。

ラブとはサクラしかいない悪徳出会い系サイトの一つ。神待ち掲示板の運営は悪徳業者の可能性が高い。

おそらく、神待ち掲示板という入り口をつくり、中身はラブという悪質な出会い系サイトに流しているのだ。

メールには、IDとパスワード、掲示板へのリンクが貼られていた。

この時点でほぼガセネタだと思ったが、一応、登録して中身も確かめてみる。

メールのリンクをクリックすると、ラブという名前の登録画面が表示された。

スマホでクリックしているのに、PC画面で表示されている。レシポンシブデザインに対応していないなんて、どれだけ時代遅れのサイトなんだ。

ニックネームや地域等、タイトルや本文をテキトーに記入し、掲示板投稿をクリックした。

そうすると、このような画面が表示された。一応、プロフィールが設定できたみたいだ。

プロフィールをクリックすると、このようなアバター画面が表示された。

ここで自分のプロフィールを設定できるようだ。なんだかアバターも古臭い。

画面上の「スマホ版はこちら」と書いてあるところをクリックすると、ここでやっとスマホの画面に切り替わった

ここまでが神待ち掲示板へ入るまでの流れだ。

神待ち掲示板でJKを探してみる

ではさっそく、神待ち掲示板をいろいろと調べてみることにした。

検索画面で探してみることに。

そもそも年齢でフィルタをかけようにも、18歳以上しか選択ができない。仮にJKがいたとしてもどうやって探すんだろうか。

一応、東京の18歳に年齢を絞って検索すると、数件ヒットした。

どこかで見たことがあるような写真もある。ネットで拾った画像をサクラが利用しているんだろう。これは典型的なやり口だ。

せっかくなので、女の子にメッセージを送ってみることにした。

送った相手は都内に住む、かんなちゃん。

困っているとかんなちゃんのプロフに書いてあったので、このようなメッセージを送った。

かんなちゃん、もしよければ、相談にのりましょうか?

ものの数秒で返信が返ったきた。早速、アポを打診してみる。

今日の夜とかって都内で会えたりする時間ある??

この後、日程や場所を決め、いざ会う約束を取り付けたところで、ポイント切れで連絡ができなくなった。

出会えそうなタイミングでポイント切れ。悪質出会い系あるあるの一つだ。

ポイントは一通メッセージを送るだけで300円もかかる。高すぎてアホらしい。

そしてメールボックスをみると、迷惑メールの嵐となっていた。一日30件以上はくだらない。

もうここまでくれば、誰がどうみても悪質出会い系だとわかるだろう

JKは出会い系や掲示板にはいない!SNSで援交をしている!

今回タレコミのあった神待ち掲示板は詐欺サイトであったが、JK(女子高生)との援交ニュースは本当に後を絶たない。

では、JKと援交してる人はいったいどこで出会っているのだろうか。

それは、Twiterやひま部といった、SNSアプリから出会っている。

さらに詳しく

ゲームやアプリ、お互いの趣味を通じて出会い、援交に発展するケースが多い。

また、Twiterでも「#神待ち」の投稿を見かけるが、これはすべて業者である。基本的に神待ちという古い言葉を使うのは業者で間違いない。

その理由は、一般的に出会い系は18歳未満の利用を禁じている。

関連記事出会い系は本当にエロい子と出会える?専門家が初心者向けにガチ解説

児童売春の防ぐために作られた出会い系サイト規制法という法律が存在するため、出会い系の運営会社は、利用者に身分証明書等で必ず年齢確認をしなければならない。

しかし、この法律はあくまでも、出会いを目的とした出会い系サイトにかぎった話である。

SNSはコミュニケーションを目的とした媒体には、この法律が適用されない。

つまり、SNSを利用すれば、18歳未満の少女へとアクセスする手段が存在しているわけだ。

関連ニュース

全体の被害者数は減ったが、高校生は50人増えた。被害に遭ったサイトは、「ツイッター」が最多の718人で、「ひま部」が214人、「LINE」が80人、「マリンチャット」が78人。

(中略)
一方、全国の警察が昨年1年間に摘発した児童ポルノ事件は前年比28・3%増の3097件で、過去最多を更新。被害者は1276人で、高校生(532人)と中学生(437人)が76%を占めた。

引用記事児童ポルノ事件、28・3%増…自画撮りで被害

警視庁の公表する児童売春の件数は、全体のごく一部であり、警察に報告されていない数多くの援助交際が密かに行われている。

そもそも、なぜ警察にバレるかというと、JKからの告発がほとんど。

お金をくれなかった」「ヤリ逃げされた

割り切り(金銭の授受がある性的行為)に合意したはずの男性が、約束を守らなかったことに腹を立て、警察に告げ口するケースが多いようだ。

そんなJK達の理由を聞くと、自らの意志で身体を売っているとしか思えず、児童売春が抱える闇の深さを感じざるえない。

JKビジネス店は壊滅!今後はネット援交の時代!

JKリフレ、JKお散歩がJKとの援交の温床になっていたのはもう過去の話である。

JKリフレとは?

JKリフレとはハグやおしゃべり、簡易なマッサージなどを提供するお店のこと。
18歳〜20歳くらいの若いロリ系の子が制服姿で接客してくれるお店が多い。
昔は女子高生もいたが、今は条例が厳しくなり、女子高生を雇う店はなくなった。
女子高生がいないことから、JKリフレと呼ばず、『リフレ』と呼ぶほうが一般的である。

関連記事JKリフレとはいったい何か?詳しい人から話を聞いて考えてみる

2013年頃からJKビジネスが社会問題としてクローズアップ。

2017年7月にJKビジネス条例が施行され、JKリフレといったJK店は壊滅した。

しかしその一方で、JKの援交募集は今まで以上にネット上で行われる時代となっているのだ。

2017年7月にJKビジネス条例が施行され、JKを雇っているJKビジネス店は徐々に壊滅していった。

関連記事【2017年版】JKビジネスの実態と生き残り店舗を徹底解説!

2018年にはJKが存在するJKビジネス店は、僕の知るかぎりすべて消えてしまった

今のJKリフレ、JKお散歩と呼ばれるお店は、高校を卒業した18歳以上の女の子しか在籍していない。

条例強化により、JKを雇っている店は一瞬で潰される時代になった。

では、JKビジネスは本当に終わったのだろうか?

いや、JKと客の出会いを断ち切ったからといって、需要と供給が無くなるわけではない。

じゃあ、彼ら彼女らは、いったいどこで出会っているのだろうか。

それは、ネットという、より見えづらい場所で出会っているのだ。

関連ニュース


児童買春などの「犯罪の温床」と指摘されるJKビジネスを規制する東京都条例が一日、施行された。十八歳未満の接客を禁じるなど、効果が期待される一方、インターネット上には女子高生の性を売り物にした商売があふれている。
(中略)
「裏オプ」と呼ばれる性的なサービスについて聞くと「みんなやってたよ。売春して一日十万円以上稼ぐ子もいた」。
条例のことも知っているようだった。「警察が入ってくるし、リアルJK(現役の女子高生)はもう店にいないよ。ネットで援交に流れるだけだと思う」とつぶやいた。

JKビジネスに詳しい坂爪氏もJKビジネスの規制により、出会い系サイトが援交の温床となると述べている。

関連ニュース

JKビジネスの実態を調査した一般社団法人ホワイトハンズ(新潟市)の坂爪真吾代表理事は指摘する。九州で業者は確認されていないが、最近も福岡県内の2人が出会い系サイトを介した買春などで有罪判決を受けている。
(中略)
 今年7月、東京都がJKビジネスを規制する条例を施行し、包囲網は狭まっている。それでも大人たちが女子高校生を商品と見る限り、価値は温存される。坂爪さんは「出会い系サイトに移るだけで、援助交際に戻っていく」と予想する。
 グレーな世界から見えない闇へ。少女たちは消費され続ける。

引用記事「売春の温床になる」JKビジネスの実態 消費され続ける少女たち

ネットの世界は、膨大な情報と多岐に渡るサービスで氾濫している。警察は有害サイトを把握しきれていない。

事実、JKビジネスの第二形態は、リアルからネット時代にまさに移行している。

しかし、18歳未満の少女との性的行為は立派な犯罪だ。利用する際は、自己責任のもと、十分と注意して欲しい。

関連記事18歳女子高生(JK)との援交やセックスは犯罪?合法?

犯罪行為はダメ!絶対!

まとめ

さて今回タレコミ情報をもとに、JKが援交募集しているヤバイ神待ち掲示板を調査した。

調査の結果、サクラしかいない悪質な出会い系サイトであった。

もちろん、18歳未満の少女との援交は犯罪だ。絶対に違法行為に手を染めないでほしい。

なお、18歳以上の女性との援交は、法律的に刑罰の対象ではない。

関連記事個人売春は違法?合法?売春防止法について解説する

もし援交したいなら、18歳以上しか利用できない優良の出会い系サイトを使うことをおすすめする。

関連記事出会い系で援交の募集をしている素人女性の実態とは

関連記事出会い系で割り切り募集する素人女性とセックスする方法を解説する

出会い系の掲示板では毎日、援交募集の書き込みが何千、何万とある。

出会い系のほうがTwiterよりも安全だし、援交募集の書き込みが多いので断然出会い系をおすすめする。

最後に、当サイトがおすすめする援交に使える出会い系を紹介する。

管理人激選!援交に使える出会い系ベスト3!

【1位】PCMAX ←援交募集が一番多い!
【2位】ハッピーメール
【3位】ワクワクメール
※18歳未満の利用禁止

この3つは、援交相手を探すなら、ぜひとも抑えておきたい有名な出会い系サイトだ。

実際に使いながら、どれが一番自分に合うかを試してみるとよいだろう。

最後に…管理人からのおすすめ情報

セフレ、援交、割り切り…そんなエッチな相手を探すなら

出会い系は本当にエロい子と出会える?専門家が初心者向けにガチ解説

割り切りでエッチな女の子を探すなら、出会い系を使うのをおすすめする。

日本の出会い系では、1日1万件以上の割り切りが成立している。お金と欲望が入り乱れる日本の闇を垣間みれるはずだ。

そもそも「出会い系ってサクラばかりだろ」と思っている人は時代遅れだ。

たしかに無料の悪質出会い系は山ほどあるが、大手の人気出会い系を使えば、誰でも簡単に確実に出会える。

出会い系に興味のある人は以下記事もぜひチェックしてみてほしい。

おすすめ記事


\管理人おすすめ出会い系/


実際に色々な出会い系を使ってきたなかで、エッチなパートナーを探すなら『PCMAX』一番おすすめだ。

セフレ、援交、割り切り、変態、乱交…そんな相手を募集する書き込みが1日10万件以上もある。

出会い系の中では、断トツでエッチな子と出会いやすい。エロ業界では有名な超人気出会い系だ。

まだ使ったことない人は、一度試してみることをおすすめする。

初回ポイントが多くもらえ、アダルト掲示板が利用できる、以下WEB版の公式サイトで新規登録するのがよい。ハマりすぎないように注意すべし。

PCMAXの公式サイトを見てみる

-援交
-

Copyright© 東京アップデート , 2019 All Rights Reserved.