援交

関西援交vol.45「千春」が圧倒的人気の理由と現在について

小学生・JC
東京アップデート編集部

東京アップデート編集部

夜遊びから大人の出会いまで、幅広い情報を取材してます。ネタ収集が毎日の日課。

裏モノAV界隈で伝説的な作品となっている「関西援交シリーズ」

今回は、そんな関西援交シリーズのなかでも、ひときわ人気が高かった女の子がいます。

その女の子が、vol.45に出演していた「千春」です。

千春は小学5年生の11歳という若さで、男性とセックスする姿が撮影されました。

本記事では、千春の人気の理由と現在ついてネットの情報をまとめました。

関西援交シリーズとは

関西援交シリーズとは、素人JS~JKの10代との性行為を撮影した裏モノAVです。

出演している女の子の年齢はさまざまで、9~17歳の若い女の子の作品が100本以上撮影されています。

作品はシリーズが分かれており、前半に出された「関西援交シリーズ」と「上玉援交シリーズ」の2つです。

詳しくは『関西援交シリーズとは』で紹介していますので、参考にしてください。

関西援交シリーズ「vol.45 千春」

小学生・JC

千春は関西援交シリーズのvol.45に出演した女の子です。

作品タイトルは「関西援交45 小学5年生11才千春 生姦2回戦」でした。

関西援交シリーズはトータルで100本以上撮影されていますが、千春はそのなかでも人気が高い女の子として知られています。

千春の当時の年齢

千春は当時、11歳の小学5年生でした。

関西援交シリーズは、JS~JKの10代の女子が撮影されていますが、そのなかでも小学生を撮影した作品は少なかったです。

現在判明しているなかで、撮影された小学生と思われる女の子は、千春を含めて4人ほど。

その希少性からも、千春の作品は高い注目を集めました。

千春の収録内容

千春の収録内容は、まず他シリーズ同様にインタビューからスタートします。

「Hの経験は1人です。Hをしたのは4ヶ月前で相手はおとうさんでした」

インタビューで発したこの言葉のインパクトが強く、いまでもインターネット上で話題に上がることがあります。

インタビュー後は、コンドームなしで2回セックスしているそうです。

千春の性経験

千春はインタビューで答えている通り、既にセックスを経験しています。

逮捕された関西援交制作者が刑務所内で書いた手記によると「千春の初体験は2人目の父親だった」と本人から聞いたそうです。

他には経験しておらず、その2人目の父親から性的虐待を受けていたと考えられます。

この2人目の父親は、関西援交制作者が逮捕されたのをきっかけに逮捕されました。

関西援交撮影時には既に3人目の父親と同居中だったそうです。

関西援交シリーズの千春が人気の理由

関西援交シリーズのなかでも、なぜ千春の人気が高いのか。

理由には、以下の3つが考えられます。

  1. 11歳・小学5年生という年齢
  2. ルックスが可愛い
  3. 流出が多くて目にした人が多い

それぞれ詳しくご紹介します。

理由① 11歳・小学5年生という年齢

千春が人気の理由は、まず小学5年生の11歳という年齢でしょう。

関西援交シリーズは100本以上作品が出ているなかで、小学生と思われる女の子は千春を含めて4人ほどしか出てきません。

関西援交シリーズのなかでも、希少性の高い存在だったのです。

千春が撮影されたとされるのは、2004年の4月上旬。
6年生になる前の春休みだったと想定されています。

5年生から6年生に移り変わるという絶妙なタイミングも、人気を高める一因になっているかもしれません。

小学生とのプレイを撮影している違法AVは限られており、ロリ・ペド嗜好の方から支持されたのが、人気の理由だと思われます。

理由② ルックスが可愛い

千春は、顔立ちが可愛らしかったのも人気の理由として大きいと考えられています。

関西援交シリーズは、昔の裏モノAVということもあり、全体的にルックスがいまいちな子が多いのが特徴です。

そのなかで、千春は比較的可愛らしいルックスをしていました。

身長150cm、体重40kg、バスト78cm。
下手に大人びた顔立ち・体型ではなく、リアルな小学生っぽさを感じさせる可愛らしさがある少女体型だったため、人気が高かったと言われています。

理由③ 流出が多くて目にした人が多い

当時、この千春出演回はとても売上が高かったそうです。

当時の売れ行きを例えた言葉として、「千春の売上だけで蔵が建つと言われていた」という逸話が、5ちゃんねるなどの掲示板で語り継がれています。

それだけ逸話が残っている作品なので、他の関西援交シリーズ作品よりも、動画・画像が多く出回っていました。

そのため、目にする人が多かったのも人気の一因かもしれません。

また、千春はアソコのびらびら(小陰唇)が大きくはみ出ていたことでも知られています。

そういった特徴も、インターネット上で目立つ要因となり、人気につながったのではないでしょうか。

千春の現在は?

出演後の千春については、いくつかウワサが出ています。

中学生になった千春と思われる女の子が、都内の某マンションで撮影会が開かれたとされています。

千春には首の下と鎖骨にほくろがあったと言われており、流出した写真のほくろの位置から、本人であると言われていました。

もう一つ、20代になった千春と出会い系で会ったという噂が出てきたことがあります。

しかし前述の撮影会と比べると、信憑性が低い情報ではあります。。

まとめ

関西援交シリーズのなかでも、今回紹介した「千春」は高い人気を誇ります。

小学生という若さ、可愛らしいルックス。
インタビューでのワードが話題に上がったこともあり、当時はとても高い人気があったそうです。

現在、関西援交シリーズを閲覧することはできません。

児童ポルノ所持の罪に問われますので、ご注意ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-援交