特集記事 その他

手コキ・オナクラ風俗「かりんとグループ」の人気の秘訣を取材してきた

投稿日:2018年10月28日 更新日:

どうも、編集長のシュウジです。

最近気になっているのが、手コキ、オナクラ風俗の「かりんとグループ」の急成長だ。

かりんとグループは、渋谷、東京、上野、秋葉原、赤坂、神田、池袋の都内7店舗で展開し、VR風俗や手コキカラオケなど、斬新なイベントでも話題となっている。

僕の知識でいれば、業界最大手の手コキ、オナクラ風俗といえば、世界のあんぷり亭。老舗といえば、池袋のニュークリスタル、新橋のゴールドハンズ、新宿CHA-CHAを思い浮かべる。

そんな業界的にもライバル店が多いなか、後発のかりんとグループがなぜ人気店としてここまで急成長を遂げたのだろうか

その理由の一つに、ソフトMやフェチのお客さんを満足させられる対応力の強い女の子を揃っているとのことらしい。

今回はそんな「かりんとグループの人気の秘訣」を探るため、以前から面識のあった、かりんと池袋代表のにしやま氏に突撃取材をしてきた。

本記事では、満足度の高い女の子が揃っている理由から、かりんとをより楽しめる遊び方まで、根掘り葉掘り聞いてきたので紹介しよう。

かりんと池袋の事務所を突撃

今回取材を受けてくれた、にしやま氏はかりんとグループ創業者のひとりであり、現在はかりんと池袋店の代表を務めている。

池袋といえば風俗の超激戦区。この街でかりんとは勝負をしている。

とある休日の昼下がりの午後。

にしやま氏に案内されて、かりんと池袋の事務所に案内してもらう。

シュウジ
広くてきれい…!

前回取材で訪れたJKMAXの汚い事務所とまるで違うじゃないか。

関連記事
池袋派遣リフレ「JKMAX」はなぜ成功したのか?経営者を密着取材してきた - 東京アップデート
池袋派遣リフレ「JKMAX」はなぜ成功したのか?経営者を密着取材してきた - 東京アップデート

合法JKナビが運営する、池袋の人気派遣リフレ「JKMAX」は合法JKナビの集客力を活かし、2017年2月に池袋にオープン ...

続きを見る

にしやま
待機所の広さ以上、女の子が集まらないという風説がありますからね。

なんとも風俗っぽくない事務所で、学習塾に来ているみたいだ。女の子が待機するには申し分なさそう。

さて、さっそく色々と知りたいことを聞いてみる。

かりんとの人気は女の子の「対応力」

シュウジ
まずはかりんとの強みを率直に教えてほしいです。
にしやま
やっぱり「女の子の対応力」が強みですね。

手コキやオナクラに来るお客さんって、ちょっとMやフェチな方が多いんですよ。

かりんとの子は、システム的なお仕事感がある子ではなくて、人間的な部分、精神性の面白さを理解して、お客さんを楽しませられる子が多いです。

シュウジ
フェチ系のお店では対応力のある子は重要ですね。どうやってそういう子を育てるんですか?
にしやま
女の子が変わったお客さんの対応に困っていたら、相談してアドバイスするようにしてます。

もちろん女の子のタイプも人それぞれなので、狙って育てるのは難しいです。基本は女の子とよく会話をしながら、感覚調整をしていきますね。

なぜあのお客さんはあんなのがよかったのか、彼女たちがわからない道辻を教えてあげるんです。

そうすることで、「あのお客さんキモい」から「あのお客さんおもしろい」に変わっていくんです。

お客さんの満足度を上げるためには、お客さんのニーズをどこまで女の子が汲み取れるかが重要ですからね。

シュウジ
なるほど…。人は自分に理解できない性癖を気持ち悪いと感じますからね。

かりんとの人気の秘訣①

女の子と密に会話をしてフェチなお客さんへの対応力を強くしている

対応力を培う文化をつくる

シュウジ
女の子が対応力をつけるのは難しいと思います。何か工夫されていることはあるんですか?
にしやま
スタッフや女の子同士で気軽に話せる文化をつくるよう意識しています。

特に成功しているのは、かりんと赤坂店です。文化完成度が100%に近いです。

シュウジ
文化完成度100%!?赤坂店はどんな文化なんですか?
にしやま
女の子がお客さんを積極的に理解しようとし、女の子が女の子にアドバイスをする文化ができています。

ですので、赤坂は在籍の長い女の子のほうが圧倒的に満足度が高いんです。

シュウジ
それはスゴイですね。なんだかかりんとはアットホームな印象を受けます。店舗によっては女の子を指示しかしない店だったり、女の子同士の会話が禁止だったりしますからね。

かりんとの人気の秘訣②

女の子が女の子を育てる文化がある

店長もスタッフも、女の子と一緒に成長していく

シュウジ
お客さんを満足させるには、女の子の対応力が重要で、対応力をつけるには店の文化が重要との話でした。では文化をつくるには何が重要なんですか?
にしやま
やはり人間力(マネジメント力)になりますよね。

かりんとはシステム型ではなく、マネジメント型で戦っていく店だと思っています。

店長やスタッフも、女の子と一緒になって成長する意識が大事ですね。

シュウジ
えっと、システム型とマネジメント型の違いは何なんでしょうか?
にしやま
システム型というのは、たとえば、お客さんから電話をもらって、女の子に「じゃあ◯◯ホテルにお願い」みたいに女の子にシステマチックに指示するだけのことですね。

大手風俗店はこのような効率重視のシステム型の運用をするケースが多いです。

あとは自分で頑張れ的なスタンスですね。店の男性スタッフは完全に指示オペレーターです。

これだと、お客さんの満足度が女の子のもともとの素質に依存していまいます。

シュウジ
システム型だと女の子の当たり外れが多そうですね。
にしやま
逆にマネジメント型は女の子と密に会話をとっていくことです。

「私この仕事を本気じゃない」と斜に構える子だとサービスレベルが下がります。

「お客さんからありがとうと言われたよ!すごい!」と頑張った人を称賛するようにして、正のスパイラルをつくるようにしています。

シュウジ
やはり人間力が大事ということですね。どこの会社でも一緒ですね。
にしやま
そうですね。マネジメント力は店長の性格やスキルに依存します。

女の子は店長のタイプが色濃く反映されるので、良いところでも悪いところでもあります。

大手風俗店はシステム型で良いんです。ウチみたいな中途半端な店が勝っていくには、文化づくりやマネジメントに力を入れないとダメだと思ってます。

かりんとの人気の秘訣③

店長、スタッフ、女の子は一緒になって成長していく力がある

女の子をどうやって選べばよいか

シュウジ
かりんとのキャストランクはどうみればよいですか?
にしやま
ビギナーやアドバンスは安定性みたいないものです。一概に人気や可愛さの指標ではないですね。

たとえばヘルスだと「容姿がいい」「スタイルがいい」で順位やランクをつけやすいのですが、ウチの店はお客さんによって求めるものが違うので難しいんですよ。

お客さんの性癖や好みのタイプを教えてもらえれば、一番適した女の子を案内できますよ。

シュウジ
それは電話するとき好みの子を伝えるといいんですかね?
にしやま
そうですね。電話で聞いてもらうのが一番いいです。

紹介文にも書いてありますが、女の子のレベルは日々上がっています。

それに僕たちも今まで何万のお客さんを見てきたので、どういう人が好みか合わせられる自信があります。

かりんとは案内精度が異常に高いと思っています。

かりんとの人気の秘訣④

お客さんのフェチな希望を理解し、最適な女の子を案内できる

かりんとを楽しく遊ぶためには

シュウジ
最後にかりんとを楽しむ遊び方を教えてほしいです。
にしやま
2つありますね。

1つ目はシンプルに何回か来てみてほしいです。

池袋では最安値の20分2500円です。シンプルにサクッと遊べますからね。

3回来ていただければ、お客さんの性癖とマッチした女の子を案内できます。

「今日は風俗にいくぞ」という気概は入りません。ほんと気軽にきてほしいんですよね。

3回遊べば絶対ハマると思いますよ!

シュウジ
なんだかラーメン二郎みたいですね。3回行けば味がわかるみたいな。
にしやま
そうですね。2つ目は変わったコースに入ってほしいです。ウチじゃないとやらないようなやつです。

かりんとは店舗によって、そのときやってるイベントが違います。

池袋は今だと「潮吹きチャレンジ」というのをやっています。

男の潮吹きおすすめですよ。

シュウジ
・・・男の潮吹き(これはヤバそうだ)。

遊ぶときにおすすめの時間帯などはありますか?

にしやま
昼間の14時〜16時は女の子も揃っていて、空いてるのでおすすめですね。

あとは夜の時間帯ですかね。女の子の出勤数も増えてきますし。

最後に

シュウジ
今日でかりんとのことがだいぶわかってきた気がします。ただやはり実際に試してみないとわからないですね。
にしやま
そうですね。ウチの店は一言で良さを伝えるのは難しいです。オタク的というか、わかりにくい店なのかもしれません。

お客さんに想像力を働かせてもらいながら、嗜好性を合致させるというハイコンテクストな遊びなんです。

僕は根っからのオタクなんですよね。細かい性癖へのこだわりが詰まっています。

来たらわかるさ、って感じです。

シュウジ
(そこまでいうのなら、次回、徹底検証しようじゃないないか。)

次回つづく。

店名 かりんと
ジャンル 手コキ、オナクラ
店舗 渋谷、東京、上野、秋葉原、赤坂、神田、池袋
公式HP(池袋店) http://ikekari.com/top.php
にしやま氏のTwitter @nishiaratter
基本料金 ■入会金
500円

■指名料
ビギナー 500円
アドバンス 1,000円
プレミア 1,500円

■手コキコース(基本コース)
20分 2,500円
30分 4,500円
45分 6,500円
60分 8,500円

この記事を書いた人
シュウジ

シュウジ

当メディアの編集長。都内IT企業勤務の30歳。社会の闇をハックすべく、ディープでリアルな夜の世界を攻める。

-特集記事, その他

Copyright© 東京アップデート , 2018 All Rights Reserved.