見学店

池袋の見学クラブ「ぬくぬく」でASMRコースを体験してきた

マコト
ASMRを体験してきました!

ど〜も「三度の飯より女の子が大好き」なライターのマコトです。

今回は見学クラブ「ぬくぬく」で、完全予約制のASMRコースを体験してきました。

ASMRとは、聴覚や視覚へのとろけるような刺激によって、気持ちよくなれる現象のこと。

声フェチ・音フェチの人には、たまらない新感覚の刺激でした。

これはアリだな、アリ!

店名 見学クラブ ぬくぬく
公式HP https://nukunuku.club
公式Twitter @nukunuku_0323
ジャンル 見学店
場所 東京都豊島区池袋2-3-5曙ビル5F A棟
※池袋駅西口徒歩3分
※池袋駅c6出口徒歩30秒
営業時間 平日15:00〜22:00
土日祝日13:00〜22:00
電話 03-4500-8048
今回入ったコース ASMRコース 50分(指名15分1本付) 15,000円 ⇒ 12,000円
割引情報 ASMRコース 50分 通常15,000円のところを12,000円で利用可能!
受付、お電話で「東京アップデート」を見たとお伝えください。

完全予約制の「ASMRコース」とは?

ASMRとは、アサマーやアズマー、エーエスエムアール、なんて呼び方をされる。

小生はアサマーコースと呼んで通じたので、アサマーコースで問題ないだろう。

ASMRコースを簡単に説明すると、目と耳でエッチな情報を入れて脳を刺激するコースである。

ちなみに、性的なことだけでなく癒しなんてジャンルでもアサマーは使われる。

スナック菓子の咀嚼音、ボールペンで文字を書く音、本をめくる音

YouTubeなどで「アサマー」専門のチャンネルを展開する人もいる。

一般的な見学店で楽しめるのは目からの情報。

ASMRコースの場合、ここに耳からの情報が入ってくる。

魚肉ソーセージを「ピチャピチャ」と音を出してしゃぶってもらった。

後で詳しく紹介するが、これはかなりエロい音だった。

耳を通して脳が刺激される感じだ。

ASMRコースを求め「ぬくぬく」を目指す!

見学クラブ「ぬくぬく」は、池袋西口にある。

JR池袋駅西口中央を出ると目の前に交差点があらわれる。

信号をマクドナルドの方に渡ってそのまま直進。

しばらく歩くと、立ち食いうどんの店が見えてくる。

反対車線にはマルイがある大通りだ。

うどん屋を過ぎると、大和証券のビル。

そのビルを過ぎた場所にある路地を右折。

その先にあるライブハウスの左側が入り口だ。

エレベーターはなく、階段で5Fにあるお店に向かう。

途中の階に立て看板が置いてあるので迷うことはないだろう。

久しぶりの階段に息があがる。

「はぁはぁ」いいながらお店にとうちゃく。

呼吸を整えてとびらを開けた。

見学クラブ「ぬくぬく」に到着!

とびらを開けると目の前にカウンターに店長さんが立っていた。

男性店員
いらっしゃいませ!

丁寧なあいさつが好印象だ。

照明はかなり明るく、清潔感もあるので安心した。

マコト
予約していたマコトですが…

と伝えると、ASMRコースについて説明が始まった。

なんでも、「指名用紙」たるものに希望を記入するらしい。

ブース内でオンナの子にリクエストしたい時は、「ホワイドボード」を使用。

ホワイドボードをマジックミラーに近づけると相手に見えるらしい。

荷物は専用のロッカーに預ける形になる。

スマホなどをブースに持ち込むのはもちろん禁止だ。

誤って持ち込んでしまえば『見学店で盗撮犯に間違えられた』のように、店側と問題になることもある。

禁止事項・注意事項を説明されて、いざスタート!

いよいよ「いちか」ちゃんとご対面

ホワイドボードとヘッドフォンの場所を確認する。

背中にあるカーテンを閉めて、いよいよスタートだ。

一人になるとスグに女の子がブースの向こう側にあらわれた。

色白で目はぱっちり、清純度マックスの制服が似合うJK風の美人だ。

童顔な顔にアンバランスなエロそうな口元がなんともそそられる。

見学クラブの良いところは、とにかく女の子のレベルが高いところだ。

触られないこと前提にあるのだから、女の子にとっても仕切りが低い。

要するに「イヤな思いをせずに高収入がゲットできる」

レベルの高い女の子が自然と集まる図式だ。

「いちかちゃん」クラスの女の子がいても不思議ではない。

いちか
はじめまして、いちかです
マコト
今日はヨロシクです!

って、アレ?

向こう側には聞こえないんだっけ??

慌ててホワイトボードに「ヨロシク」と書く。

そのまま小生と「いちかちゃん」をへだてるガラスに押し当てる。

文字を確認するとスグに笑顔で返してくれた。

小生がこのスタイルに慣れてないからだろうか。

なんとも滑稽な風景だ(笑)

後から「いちかちゃん」本人に聞いた話だが、少し大きめに話しかければ、こっちの声はそれなりに聞こえるらしい。

姿はほとんど見えないが、シルエットは分かるらしい。

ガラスにかなり近寄ればしっかり見えるらしい。

女の子にモノを見せつけたい場合は、ガラスに押し当てればOK!

あいさつも済んだ。

15分間のパフォーマンスのスタート!

いちかちゃんのオナニーを見学することにした。

いよいよASMRコースを体験!

パフォーマンスでは小生のリクエストに応えてくれる。

とりあえず定番のオナニーをお願いした。

「いちか」ちゃん側のブースにあるマイクの電源が入る。

ヘッドフォンを通して臨場感あふれるライブオナニーのスタートだ!

キャラ設定も可能だそうだが、今回は「お任せ」でお願いしてみた。

スカートをたくし上げ、M字開脚姿に。

そのまま自分の指でアソコをいじり始める。

AVなどで見慣れた光景だが、実際に目の前でやられると余計にエロい。

しばらくその体位のままオナニーを続ける。

次は…。

お尻をマジックミラーに押し当てるようにバックの体位に。

カタチのよいお尻とおいしそうな太もも。

「いちか」ちゃんはかなりの美尻。

「こっちの体位の方がエロいな」

ささやくような「いちか」ちゃんの声も心地いい。

いちか
はぁはぁ…次は何して欲しい?
マコト
もっと喘ぎ声をきかせて!(ホワイドボード)
いちか
まわりの子に声が聞こえそうだから恥ずかしいな…
いちか
はぁはぁ…聞こえてますぅ?

照れながらも小生のリクエストに応えてくれる。

お次は制服のボタンを外させる。

いちか
胸には自信ないんだ…

なんて照れながら脱いくれた。

小ぶりだが形の良さそうな胸だ。

ブラの上からでも十分に感じられる。

その後、胸を触りながらのオナニーをリクエスト。

もちろん、リクエストはホワイトボードを使ってだ。

魚肉ソーセージをピチャピチャしゃぶってもらう

オナニーも盛り上がってきたところで「いちか」ちゃんが魚肉ソーセージを取り出した。

それを「ぴちゃぴちゃ」と音をたて舌で舐めはじめる。

次は「ズブッ...」、「ジュルジュル」、と激しく咥える。

本当にいやらしくフェラをされてる感じだ。

ヘッドフォンを使って聞くので外部の雑音が入らない。

目では咥えてる「いちか」ちゃんの姿を楽しみ

耳では咥えてる「いちか」ちゃんの出す音を楽しむ。

「ASMRコース」醍醐味といったところだろうか。

結構、遊び方が分かれば楽しめるかもしれない。

見学店も遂にここまで進化したか!

まとめ

パフォーマンスのあとは、いちかちゃんとの会話を楽しんで終了した。

ちなみに、スナック菓子などが豊富に用意されているので咀嚼音を楽しむこともできる。

サク、サク、サク

ASMRの定番である。

ロッカーの荷物を出しながら店長と軽く会話を交わした。

やはり、利用者の90%以上が抜いて帰るらしい。

TENGAが個室に用意されていたので自由に使えるのも嬉しい。

マジックミラー越しに女の子のオナニーを見ながら、耳でも楽しめる。

実際に壁の向こう側で行われてるので、ライブチャットより臨場感がある。

オプション追加やコース変更を利用すれば、使用したパンティもゲットできる。

人気のあるオプションらしいので、オキニが見つかればお願いしてみるのも良いかもしれない。

「ASMRコース」はまだまだ始動したばかり。

店長さんや女の子が試行錯誤しながら更なるパワーアップを目指していた。

小生のように遊び慣れてない人も、一度は体験してみる価値がある見学店である。

当記事の写真は店舗に撮影許可を頂いております。通常の無断撮影は禁止です。

店名 見学クラブ ぬくぬく
公式HP https://nukunuku.club
公式Twitter @nukunuku_0323
ジャンル 見学店
場所 東京都豊島区池袋2-3-5曙ビル5F A棟
※池袋駅西口徒歩3分
※池袋駅c6出口徒歩30秒
営業時間 平日15:00〜22:00
土日祝日13:00〜22:00
電話 03-4500-8048
今回入ったコース ASMRコース 50分(指名15分1本付) 15,000円 ⇒ 12,000円
割引情報 ASMRコース 50分 通常15,000円のところを12,000円で利用可能!
受付、お電話で「東京アップデート」を見たとお伝えください。

最後に…管理人からのおすすめ情報

\いま注目のバーチャル見学店/

制服姿の女の子をネット上で見学できるのが、バーチャル見学店ぶいけん」だ。

あの見学店でしか味わえなかったパンチラやパフォーマンスを家やスマホで手軽に楽しめる画期的なサービスである。

レベルの高い若い女の子を揃えた制服ライブチャットともいえる。

店舗情報

公式HPぶいけん
Twitter@buiken_com2

興味がある方は、ぶいけんの体験レポート記事も合わせてご覧ください。

おすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マコト

マコト

風俗店経営、風俗コンサルタント、風俗ライターと様々な経験を経て、現在に至る。風俗と焼酎をこよなく愛する40代おやじ。

-見学店

© 2020 東京アップデート