ナイトワーク

水商売・風俗の元スカウトマンからスカウトの仕事を取材してきた

投稿日:2018年10月24日 更新日:

この記事を書いた人
シュウジ

シュウジ

当メディアの編集長。都内IT企業勤務の30歳。社会の闇をハックすべく、ディープでリアルな夜の世界を攻める。

どうも。シュウジです。

あなたは水商売、風俗のスカウトマンと聞いてどんなイメージを持つだろうか。

なんか怪しくて、アウトローな世界だとネガティブに感じる人も多いのではないだろうか。

さて実態はどうなのか。

今回は、風俗、水商売のスカウトを4年間していた元スカウトマンに会って取材をしてきた。

スカウト会社やケツ持ちの話、給料の仕組みなど、余すことなく聞いてきたので紹介しよう。

なお今回、取材を受け入れてくれたのは、当サイトの公式ライターでもあるグラスホッパー氏だ。彼がスカウトマンになるきっかけは以下の記事を読んでほしい。

スカウト会社ってどんなとこ?

シュウジ
それではまず、スカウト歴を教えていただけますか。

元スカウト
スカウトは18歳から4年間やってました。最初は六本木のキャバクラ専門のスカウト会社に入りました。そして途中から新宿の大手スカウト会社に移りましたね。
シュウジ
スカウトマンはどこかのスカウト会社に基本所属するんですよね。

2つのスカウト会社に所属された経験があるようですが、まずは六本木のスカウト会社の話から伺いたいです。どんな仕事をされてましたか?

元スカウト
六本木のスカウト会社はキャバクラ専門でした。六本木の街でスカウトを行い、六本木のキャバクラ店に紹介するのが仕事です。とあるキャバクラ店のグループ系列に紹介することが多かったです。

勤務時間は17時から22時。最初に会社にきて、少しダベってから、街に繰り出す感じです。終わったとは、会社に戻って日報を書きます。規模は20人くらいの小さな会社でした。

シュウジ
意外と普通の会社員みたいな規則ですね。その後、新宿のスカウト会社に移られたとのことですが、なにかきっかけはあったんですか?
元スカウト
声かけてると風俗をやりたいって子も多いんですよ。風俗に入れるほうがお金が多くもらえます。なので色んな業界やお店を紹介できる新宿の大手スカウト会社に移りました。

ただスカウト会社を移るのは業界的にタブーです。色々と揉めてしまい大変でしたね…。

シュウジ
タ、タブー…。何が大変だったんですか?気になります。
元スカウト
新宿の会社に移ったあと、六本木の会社のケツ持ちから電話がよくかかってきました。

六本木にもう足を踏み入れんなよ」と。

それ以来、怖くてしばらく六本木には行けなかったです。

シュウジ
まじですか…。それは怖いですね…。
元スカウト
それで新宿の会社に相談したんです。新宿の会社もケツ持ちにかけあってくれて、六本木と新宿のケツ持ち同士で電話してもらうことになりました。そしたら六本木のケツ持ちがすぐに引いたんです。それをみて、新宿の会社にいるケツ持ちのデカさに驚きましたね。
シュウジ
…な、なるほど。(ここは深く掘り下げないほうがよいのかもしれない)

ま、まあ上手く収まったようで何よりです。そんな新宿の会社はどんな会社だったんですか?

元スカウト
新宿のスカウト会社はスカウト業界では名の知れた大手です。

風俗から水商売まで、かなり多くの店と会社が契約していたので、いろんな店に女の子を紹介できましたね。

規模も大きくて、どれくらいの人が所属していたのかよくわかってないです。組織運営もしっかりしていて、チーム制になっていました。

勤務は自由出勤です。好きな時間にきて、好きな時間に帰っても問題ないです。ただ周りのスカウトと同じ時間だとライバルが多いので、僕は早朝や深夜など時間帯をずらしてスカウトしてましたね。

スカウトってどこで声かけるの?

シュウジ
初歩的な質問ですみません。スカウトしてよいエリアは決まってるんですか?
元スカウト
会社に島があります。六本木はどこでもOKでしたが、新宿は会社によってエリアが決まってます。

基本的に新宿のスカウド通りでスカウトします。ただこのエリアも入っていい会社とダメな会社がありました。

歌舞伎町一番街のドンキまわりは、ホストや居酒屋のキャッチが多いので、会社から入るなとよく言われてましたね。

シュウジ
新宿スワンみたいにスカウト会社同士で揉めたりすることってあるんですか?
元スカウト
今まで大きなトラブルはありませんでしたね。女の子の引き抜きやエリアの揉め事が起きた場合はケツ持ちが出てきますからね。
シュウジ
なるほど。やはりそういう場面でケツ持ちの出番なわけですね。

声かけは1日どれくらいするんですか?

元スカウト
声掛けは1日40、50人くらいです。それで連絡先を交換できるのが3〜5人くらいですかね。ただ連絡先を交換できても、そこからアポ取れる子はほんと少ないです。
シュウジ
1ヶ月にどれくらい紹介できるもんなんですか?
元スカウト
僕の場合は1ヶ月だと3人〜5人くらいでしたね。もちろんもっと紹介できる人もたくさんいましたよ。

スカウトの給料ってぶっちゃけいくら?

シュウジ
スカウトのお給料はどれくらいなんですか?
元スカウト
スカウトは完全歩合制です。平均すると月30〜40万くらいでした。自分はそんなに稼いているほうではなかったです。月100万以上稼いていた人もいましたよ。
シュウジ
1人紹介するといくらもらえるんですか?
元スカウト
キャバクラと風俗で仕組みが違いましたね。

キャバクラの場合は1人紹介すると会社にだいたい10万入ります。

その10万を会社とスカウトマンで折半します。なので、自分の手元に入るのは5万ですね

会社と自分の取り分は成果状況で割合が変わりますが、最初は会社と折半が多いです。

ただキャバクラの場合は紹介してもその子が10日出勤しないとお金が入らないんですよ。なので、最初のケアはスカウトが念入りにします。

ですので、「体入どうだった?」と電話で聞くのもスカウトの仕事です。

シュウジ
紹介して終わりってわけじゃないんですね。

そういえば、さきほど風俗に紹介したほうがお金が多くもらえると言っておりましたが、風俗はどれくらいなんですか?

元スカウト
風俗は紹介した子の売上のだいたい10%が会社に入ります。これも会社と折半するので自分の手元には5%が入ります
シュウジ
たとえば、女の子が風俗で1日3万の売上を出すとして、月の出勤数を10日の場合は売上が30万。その10%が3万で、それを会社と折半すると1万5千くらいですか?
元スカウト
そうですね。もらえるお金は月に数万くらいです。ただ、風俗の場合は女の子が働いてるかぎりもらえるのがおいしいんです。1人あたりのもらえる額は少ないですが、これが積み重なってくると大きいんです。
シュウジ
スカウトで稼ぐ人はどんな人なんですか?
元スカウト
稼いでいた人はブスを風俗に入れて長く働かせてましたね。
シュウジ
なんとも極論ですが、それは稼ぎの本質かもしれないですね。
元スカウト
やはり風俗に多く紹介するほうが稼げます。ただ可愛い子を風俗に入れるのはかなり難しいんです。なので、ブスを色管(※)で風俗に入れるケースはけっこう聞きます。

※女の子に恋愛感情を持たせて管理すること

どういう女の子をスカウトしている?

シュウジ
どういう女の子を声かけするんですか?
元スカウト
正直、業界未経験を狙うのはかなり難しいんです。なので基本的には、夜の仕事の経験者を狙うことになります。

僕の場合はキャバクラの店終わりの時間帯を狙ってましたね。

シュウジ
未経験者よりも経験者のほうが多いってことですね。
元スカウト
夜の仕事をしてる女の子は一つの店にとどまることって少ないんです。今よりも給料や待遇がより良いところを探してる子も多く、そこでスカウトの手番です。

経験者だと話も早いですし、「ここの店ならもっと稼げるよ」と言って声かけします。

シュウジ
キャバクラ店からの引き抜きは危なくないんですか?
元スカウト
同じグループ系列や会社が契約してる店だとまずいですね。

あと、あそこの店の子は声かけるとまずいみたいな店もありましたね。そういった店以外の子を声かけしてました。

キャバクラでは見た目と売上が重要

シュウジ
声かけした女の子のランク付けは行われるんですか?
元スカウト
そうですね。見た目でA,B,Cとランク付けします。普通はC。ちょっとかわいいとBです。
シュウジ
その子のランクに合った店を紹介する感じでしょうか?
元スカウト
そうですね。特にキャバクラの場合は働く店で時給がぜんぜん違うんです

キャバクラの時給は2500円〜4000円が相場ですが、高級店になると時給1万円まで跳ね上がります。

シュウジ
高級店だと時給1万ですか!高級店に採用されるのはどんな子なんですか?
元スカウト
高級店は未経験者を一から育てるというよりも、キャリアのある経験者を多く取ってます。

高級店の面接では、その子の持っている売上を必ず聞かれますからね。

シュウジ
えっと、売上とは?
元スカウト
前に在籍していたキャバクラのその子の月の売上です。指名でついた客のコース料金、指名料、ドリンクで稼いだトータルになります。フリーでついた客のコース料金は含まれません。
シュウジ
純粋にその子が持っている売上のポテンシャルですか。
元スカウト
そうです。店は売上もってる子がほしいんです。

たとえば売上100万持っている子がいるとして、その子が店に入ってくれれば、その100万がそのまま店の売上になる可能性があるわけです。

お客さんはその店が好きで来てるのでなく、その子が好きで来てるんです。なので、その子が移籍すれば、お客さんも一緒に引っ張れるので、売上もついてきます。

キャバクラでめちゃくちゃいい子を店に入れた場合は、その子の売上の一部が会社に入る契約もありましたね。

シュウジ
なんだかやってることはリクルーターみたいですね。
元スカウト
そうですね。経験者を多く紹介するので、転職エージェントですね。

女の子は稼げる店で働きたいし、僕らスカウトも稼げる店で働かせたいんです。

女の子が面接に落ちてしまったら、他のいい店を紹介して何とか受かってもらうよう頑張ります。

シュウジ
なるほどです。スカウトの意外な一面が見れた気がします。ところで、なぜスカウトを辞めてしまったんですか?
元スカウト
固定給で働きたいと思ったので辞めました。

スカウトは完全歩合制なので、結果を出し続けないとお金が入らないんですよね。

ただ今思うと、スカウトはもう一度やりたいですね。刺激があって楽しいです。僕は女の子と話すのが好きなんですよね。

最後に

さて、元スカウトマンのインタビューはいかがだっただろうか。

僕は今回の話を聞いて、想像していたスカウトの仕事とけっこうギャップがあった。

スカウトといえば、一般人からみれば、街でしつこく声かけしてる姿しか見かけない。

しかしその一方で、店と女の子を仲介する夜の転職エージェントとして、夜の業界を回していたわけだ。

スカウトマンかー。大変そうだけど、やりがいはありそうだね。

-ナイトワーク

Copyright© 東京アップデート , 2019 All Rights Reserved.