SM

東京のSMラウンジ・SMバー・フェティッシュバーおすすめ8選!

「SMラウンジってあやしいイメージがある」「SMバーって怖いお店なんじゃないの?」

店名に「SM」と付いていることから、SMラウンジ・SMバーにマイナスなイメージを持っている人は少なくありません。

SMラウンジ・SMバーとは、SMを好きな人達が集まって会話やお酒、ときには緊縛体験やショーなどを楽しめるお店です。

決してSMプレイを強制されることはないので、安心して利用できます。

この記事では、SMラウンジ・SMバーの基礎知識や、東京都内で遊べるSMラウンジ・SMバーを選抜しました。

SMラウンジ・SMバーが気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

SMラウンジ・SMバーとは

SMラウンジ・SMバーとは、SMを好きな男女がお酒と会話を楽しめる交流の場所です。

さまざまなフェチズムを持った人が集まるお店のことを「フェティッシュバー」と総称しますが、SMラウンジ・SMバーもそれに分類されます。

SMラウンジ・SMバーは基本的に夜営業です。

昼営業のお店だと、メイド喫茶など特定のテーマが決められた「コンセプトカフェ(コンカフェ)」と、システムとしては近いかもしれません。

さまざまな性癖を持つ人が集まるため、普段は出せない自分を解放したり、新たな自分を発見したりすることができます。

店員さんには経験豊富な方も多いため、自分の恋愛や性事情を相談するために通う人も多いです。

SMラウンジ・SMバーとSMクラブの違い

「SM」が店名に付くことから、SMラウンジ・SMバーのことを、SMクラブと勘違いされる方もいらっしゃいます。

SMラウンジ・SMバーはあくまでも交流の場所のため、性器の露出や激しいプレイはおこなわれません。

プレイがあっても、衣服の上から縛られたり、女性スタッフから鞭打ちをされたりするのが主になります。

SMクラブは、SMプレイを楽しむための風俗店です。

S嬢・M嬢から性的なサービスを受けるのを楽しむためのお店なので、他のお客さんとの交流はありません。

「SMラウンジに行ったら何かプレイしなきゃいけないんでしょ…?」と不安になる必要はありませんので、安心してください。

SMプレイの種類ついては以下の記事も参考にしてください。

SMプレイとは?初心者でも実践できる遊び方や注意点を解説

SMラウンジ・SMバーとハプニングバーとの違い

SMラウンジ・SMバーとよく比較されるのが、ハプニングバーです。

これらのお店には、さまざまな性癖の人が集まっているため、普段は解放できない自分の性癖を解放できます。

ハプニングバーは、その日集まった人と交流だけではなく、性的なハプニングを楽しめるのが最大の特徴です。

店内には「プレイルーム」と呼ばれる部屋が用意されており、その日出会った単独同士やカップルでセックスが楽しめるようになっています。

SMラウンジ・SMバーはあくまでも飲食店の形態のため、ダンスなどのショーを楽しめるお店はありますが、店員さんやお客さんと過激なプレイを楽しむことはできません。

ハプニングバーについては、以下の記事も参考にしてください。

ハプニングバーとは?遊び方・注意点を徹底解説
【2021年最新】東京のおすすめハプニングバー10選

東京都のSMラウンジ・SMバーまとめ

ここからは、東京都で営業しているSMラウンジ・SMバーをご紹介します。

「TABOO」「アマルコルド」「アルカディア東京」「ブラックハート」は、一般的なSMラウンジ・SMバーに分類されるお店のため、初心者でも来店しやすいのが魅力です。

「サイレントムーン」「サークルバニラ」は、ハプニングバー・乱交サークルの側面を持っているため、プレイも楽しみたい上級者向けのお店になります。

「マーキス東京」はSMに限らず、さまざまな性癖を持った人が集まる「変態バー」として営業しているお店です。

それぞれお店ごとに特徴があるため、気になるお店を探す参考にしてみてください。

① TABOO

店名 TABOO
住所 東京都中央区銀座7-7-9 山市ビル3F(銀座すずらん通り)
URL https://www.bar-taboo.com/
営業時間 火曜~金曜/PM19:00~23:30
土曜日/PM18:00~23:30
定休日 月曜・日曜・祝日

「TABOO」は、銀座のビザールラウンジ・バーです。

2000年に創業されたフェティッシュラウンジで、現在は三代目ママの「白雪さん」が切り盛りしています。

銀座らしい高級感あふれる店内で、上質なおもてなしを味わえるのが魅力。

コロナウイルスの影響もあり、最近ではオンラインイベントも開催しています。

詳しくはお店のSNSなどをチェックしてみてください。

② アマルコルド

店名 アマルコルド
住所 東京都 新宿区 新宿 2-18-7 S3ビル1F
URL https://www.amarcord.jp/
営業時間 金・土・日 17:00-LAST(9/30までは20:00まで)
定休日 月・火・水・木(10/1以降はSNSでお知らせ)

「アマルコルド」は、新宿二丁目のビル半地下にあるフェティッシュバーです。

オープンしたのは2010年で、2020年に10周年を迎えました。

落ち着いて会話できるカウンター席と、にぎやかに楽しめるボックス席があり、さまざまなお客様のニーズに対応できるのが強みです。

アマルコルドでは、女性スタッフのことを「グラデスカ」と呼びます。

SMはもちろん、さまざまなフェティッシュに理解ある女性がグラデスカとして働いているため、アマルコルドで過ごす時間は自分の性癖に素直になることができるのです。

同伴システムもあるため、気になったグラデスカの方ともっと長い時間を過ごしたい方は、同伴も考えてみてはいかがでしょうか。

③ アルカディア東京

店名 アルカディア東京
住所 〒160-0021東京都新宿区歌舞伎町2-10-6ピア新宿3階
URL http://www.arcadiatokyo.com/
営業時間 平日/18:00~20:00
土日祝/15:00~20:00
定休日 -

「アルカディア東京」は、「自分が求めていたものに出逢える居場所」がコンセプトです。

SMや、その他アブノーマルと呼ばれるようなフェチズムを持った人達が、楽しく集まれる場所として営業しています。

初級向けの縄講習会を定期的に開催しているため、SMプレイに興味はあるけど一歩を踏み出せない方におすすめのお店です。

また、アルカディアは東京だけではなく、大阪にも店舗を持っています。

東京・大阪で通えるお店を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

④ ブラックハート

店名 ブラックハート
住所 東京都中央区銀座6-3-16泰明ビル本館地下2階
URL https://www.bar-blackheart.com/
営業時間 水曜日~金曜日/16:00~CLOSE
土曜日・日曜日/15:00~CLOSE
定休日 月・火

「ブラックハート」は、銀座にあるフェティッシュバーです。

すべてのフェチズムを解放し、同じ嗜好の方と会話を楽しんだり緊縛を楽しんだりすることができます。

不定期でSMショー・ダンスショーも開催しており、銀座で特別な時間を過ごしたい方に最適です。

現在、緊急事態宣言の影響もあり、予約したお客様から優先で案内しています。

予約は電話かキャスト経由にてできるそうなので、来店をお考えの方はお問い合わせください。

⑤ サイレントムーン

店名 サイレントムーン
住所 東京都渋谷区道玄坂1-13
URL http://www.silent-moon.net/
営業時間 平日(18時~LAST)/金土(20時~LAST)
定休日 日曜日

「サイレントムーン」は、渋谷・道玄坂にあるシークレットバーです。

「性に対するあらゆる秘密を語り合う、分かち合う」をコンセプトにしています。

サイレントムーンは会員制のバーです。

コミュニケーションが中心ですが、軽いプレイを楽しむこともできるため、ハプニングバーの要素が強いお店に分類されます。

ほぼ毎日のペースでイベントを開催しており、なかには単独男性がお得に来店できるイベントもありますので、来店前にはホームページやSNSをチェックしてみてください。

⑥ サークルバニラ

店名 サークルバニラ
住所 -
URL http://www.banira.org/
営業時間 19:00~21:00に渋谷指定の場所から電話
定休日 日・月

「サークルバニラ」は、乱交・グループセックスのサークルです。

コミュニケーション用のサロンを構えており、SMや複数プレイなどの嗜好を持った人と、交流を図ることができます。

サロンで交流を深めたあとは、ホテルなど別の場所でプレイを楽しむ流れです。

SMラウンジ・バーというよりは、プレイを楽しみたい方が集まりやすいので、フェティッシュバーに慣れている方や乱交に興味がある方におすすめします。

サークルバニラについては、『乱交サークルの参加方法・各地域のサークル紹介』の記事でも紹介中です。

⑦ マーキス東京

店名 マーキス東京
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿 大ガード交差点 青梅街道沿い ホテルイビス東京新宿前より電話
URL http://www.markiss.tv/contents.html
営業時間 15:00~20:00
定休日 -

「マーキス東京」は、新宿で営業している「変態バー」です。

さまざまな性癖を持った人が集まるお店で、新宿でもかなりの老舗店舗に分類されます。

厳密にはSMラウンジ・バーというよりも、フェティッシュバーに近いかと思いますが、もちろんSMを愛するお客様も大勢来店中です。

自分の性癖を解放したい・自分が知らない性癖に触れてみたい。

そんな方は、ぜひマーキス東京で濃い一夜を過ごしてみてはいかがでしょうか。

マーキス東京については、実際に来店した際の『「マーキス東京」潜入レポート』もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

⑧ 【臨時休業中】Fetish Bar Oct(旧:あらやしき)

店名 Fetish Bar Oct
住所 東京都渋谷区道玄坂2-17-3SGビルB1
URL https://twitter.com/feti_oct
営業時間 -
定休日 -

「Fetish Bar Oct」は、もともと「阿頼耶識(あらやしき)」として営業していたお店です。

あらやしきは2019年10月に閉店し、そのままFetish Bar Octに。

渋谷区道玄坂に店を構えているSMバーで、数多くのSMイベントに出演されてきた「土萌まりなさん」がオーナーだったことで知られていました。

Fetish Bar Octとして生まれ変わった後も数多くのお客様から愛されてきましたが、コロナウイルスまん延に伴う緊急事態宣言の影響によって臨時休業。

2021年現在、再開予定は不明となっております。

まとめ

SMラウンジ・SMバーとは、SM好きな男女が集まって交流を楽しめるお店です。

風俗店であるSMクラブとは違い、スタッフから性的なサービスを受けることはありません。

あっても緊縛を体験する程度ですが、なかにはお客様同士でプレイを楽しめる場合もあります。

もちろんどんなお店でも、来店したら必ずSMプレイをする必要はなく、お酒を飲んで会話するだけでも十分楽しめますので安心してください。

この記事では、都内にあるSMラウンジ・SMバーをいくつかご紹介しました。

ぜひお気に入りのお店を見つけて、自分の性癖を解放する時間を楽しみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

えみ

ぎりぎり20代のアラサー女。幼少期、父親が持っていたAVを見てしまったのをきっかけに露出に目覚める。塩顔男子が好き。

-SM

© 2021 東京アップデート