パパ活(女性向け)

パパ活してて月極10万で肉体関係を迫るパパを断った話

2018年10月26日

こんにちわ、パパ活女子大生のもこです。

あなたはパパ活をする上で、パパとどんな関係を目指していますか?

月極や定期のパパを見付けて生活を安定させたい

そのように考える方も多いはずです。

確かに、月極や定期のパパが出来ると生活は安定しますよね。

私も最初は、月極や定期のパパを作る事を目標にしていました。

パパ活に慣れていきた今でも、その考えは変わっていません。

が、私にはどうしても大人の関係(肉体関係)を迫るパパとは付き合いたくありません。

今回は、私が絶対に付き合いたくないパパとのエピソードをお話したいと思います。

なお、当サイトで徹底調査した結果、パパ活するなら、以下のパパ活アプリがおすすめです。

管理人激選!おすすめパパ活アプリ!

【1位】ワクワク ←人気No1 おすすめ!
【2位】Paters(ペイターズ)
【3位】SugarDaddy(シュガーダディ)
【4位】paddy67(パディ)
※スマホがAndroidの方は『ワクワク(Android)』からダウンロードできます。

今人気のパパ活アプリ・サイト4つを実際に使って徹底比較してみた

パパ活アプリ「Paddy67」ですぐにパパと出会う

このパパとの出会いはPaddy67。

パパ活について調べていたら、Paddy67というアプリが人気らしく、辿り着きました。

パパ活に使えるサイト(アプリ)と言えば、シュガーダディとペイターズも有名ですよね。

さっそくPaddy67に登録。

そして数分後に、パパからいいね!を貰ってやりとりを開始。

その後すぐに顔合わせを提案され、自然な流れで次の日会う約束をしました。

スムーズに決まりすぎて、会うまでのやりとりはほとんどしていません。

前後にお互いの予定があったので、パパと会える時間はたったの20分。

それがわかった時、「早く終わるならラッキー!」と思った事は内緒です。

初回でも長いパパは長いんですよね。本当に。

「時間も短いので特にお手当はいらないかな。」

そう思ったので、会う前にお手当の話もしていません。

いつもはお手当を貰わないと、顔合わせもする気が起きないんですけどね。

その日実際に会ってみて、私の中ではかなり好印象でした。

短い時間でサクッと切り上げてくれた事。

これが好印象を持った1番大きな理由だと思います。

20分しかなかったのもあり、たわいもない会話しかしていません。

「どんな男性がタイプ?」「ジムはどこにあるの?」「普段は何をしてるの?」みたいな。

3日後にランチデートの約束をし、LINEを交換してからその日は解散しました。

違和感を覚えた2回目のパパとのランチデート

2回目のデートはランチでした。

昼間会えるパパって、私はちょっとキープしたくなります。

夜の時間が空くからその分友達と遊んだり、他のパパと会う事ができます。かなり嬉しいですよね。

何よりも飲まないからサクッと切り上げられます。

決してお酒が嫌いなわけではありません。寧ろ飲むのは大好きです。

が、飲むと拘束される時間も長くなるのです。

パパに長時間引っ張られるとしんどい時もありますよね。

お酒があまり入らないという点は、パパと昼間に会う最大のメリットと言えます。

それでは、どこに私が違和感を覚えたのか。

パパが車で迎えに来たのです

その日待ち合わせ場所の新宿まで、パパが車で来る事は予想出来ていました。

顔合わせの時も車を駐車場に停めていたからです。

が、まさかの車に乗って移動することに…。

これが信頼できるパパの車なら喜んで乗ります。

でも、2回しか会っていない男性の車に乗る事について、あなたはどう考えますか?

誰でもちょっと抵抗があるはずです。

「目的地を待ち合わせ場所にすれば良いのに…。電車で行ける距離だよね!?」

私はそう思ってしまいました。

というのも、車の中でずっと手を繋いでくるのです。離しても離しても。

それに加えキスやハグをしようとしてくるので、かなりの嫌悪感を抱いてしまいました。

正直かなり気持ち悪かったです。

もしもこのような事がなかったら…。

気を使ってわざわざ迎えに来てくれた優しいパパだったのかな?

私の中では印象がかなりマイナスになってしまったので、今となってはわかりません。

車の中で「お手当の話もしないとね。」なんて話もしてくれました。

でも、私はもうそれどころではなかったです。

お食事は1万円、肉体関係は3万円!?

目的地に到着。六本木で普通にランチをしました。

するとパパの方からお手当の提案が…。

金額を聞いて私はかなりビックリしてしまいました。

「そうそう。お手当の話してなかったね。僕はお茶やお食事で1万円、大人の関係3万円で考えてるんだけど。」

???

ちょっと安すぎると思いませんか?

お食事はこれから育てていけば良いので、1万円でも問題はありません。

が、問題は大人の関係、いわゆる肉体関係です。

私にはあまり関係のない話なのかもしれません。パパと身体の関係を持つ事は100%ないからです。

それでも、肉体関係を提案されるときは1回5〜10万円くらいです。

比べてしまうとかなり安いですよね。

金額にびっくりしてしまった私は、思わずこう返してしまいました。

「私は5万円〜で考えています。毎回5〜10万円くらいを提案されるので。」

このパパとも身体の関係を持つ事は一生ないはずなのに…。

パパが気まずそうだったのは、今でもよく覚えています。

「3万円以上は払いたくない。」

そう言ってるのを聞いて、ちょっとケチだなと思ってしまいました。

パパから月極10万円の提案をされる

「あなたが学校で必要なお金の事考えると、10万円くらい渡しておいた方が良いのかな?」

新宿に戻る車の中で、そんな事をパパは1人で話していました。

すると…

「あ!天才的な事思いついちゃった!」
「僕の会社でバイトとして雇ってる定にして、給料を払えばあなたにお金が渡せるよね?」
「こんな綺麗な子、独り占めしたいし他に渡したくないから。」

突然ひらめいたように提案してくるのです。

月極で稀にあるパターン、経費でお手当を算出する作戦。

多くの場合、振り込みで給料として支払われます。

会社の経費で出せるという事もあり、これを考えているパパは少なくないです。

パパのお金ではないので、当然貰える金額も大きくなります。

が、それと同時に税金を払わなければいけない可能性も出てくるのです。

さらに、扶養に入っている場合、金額によっては扶養から外れてしまう事もあります。

そう考えると、この方法にする事で困る女性もいるのかもしれません。

私は提案してくれるパパが、仲の良い信頼できるパパだったら全く問題ないです。

私が都度でお食事のみのパパ活を続ける理由

確かに月10万円貰えるのはとても大きいです。

でもこれ、パパに個人情報を知られる事になります。

よく分からないパパに個人情報を教える事は、すごく危険で怖い事です。

パパにも社会的地位があるので、何か危害を加えてくる事はほぼありません。

でも、何が起きるかは分からないですよね。何かあってからでは遅いです。

パパが求めているのは大人の関係。とっても面倒臭い状況です。

パパは1時間のランチで1万円のお手当をくれます。お手当以外にもタクシー代をくれます。

「可愛い子は外を歩くだけでも危ないから。」って。

そこはすごく感謝しています。

でも、月極にする事でパパが今以上の関係を求めてくる事は確実です。

パパが求める物が大きくなった時、割に合わなくなる可能性も出てきます

そう考えると、今のままの関係で十分かなと思ってしまうのです。

あとは個人情報を知られたくない。何よりも切りたい時に切れなくなります。

これらが、私が月極の提案を断って、パパと都度でお食事を続ける理由になります。

最後に

いかがだったでしょうか。

今回は、私が絶対に月極にしたくないパパとその理由について、お話させて頂きました。

最後に私からひとこと。

どんなに月極の条件が良くても、都度で続けた方が良い場合があります!

お手当という形でお金が絡んでいるので、面倒臭くて気持ちが悪いパパは必然的に多くなります。

その中で、お手当に流されて条件を呑んでしまう女性は非常に多いです。

しかし、様々な事を考えてみた時、割に合わなくなる可能性も出てきますよね。

パパに対して少しでも違和感を覚えた場合、適度な距離感を保つ事を私はおすすめしたいです。

切りたい時に切れる関係(都度)で、月極にしても大丈夫な相手か見極めても遅くはないですよ。

最後に…管理人からのおすすめ情報

年収2000万以上の富裕層パパを捕まえるには

安全・安心に富裕層パパを捕まえるには、交際倶楽部がおすすめです。

現在、名実ともにナンバー1の交際倶楽部は、全国各地に拠点を構えるユニバース倶楽部と言われています。

男性会員の平均年収は2000万以上。パパ活アプリと比べても、男性陣が本気だし、スペックも桁違いです。

相手の職業や身元の保障が取れた厳選された富裕層男性を紹介してもらえるので、安全・安心にパパ活ができます。

実際にユニバース倶楽部の採用面接を受けたときのレポートを記事にしてあるので、気になる方はぜひ読んでみてください。

おすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-パパ活(女性向け)

Copyright© 東京アップデート , 2019 All Rights Reserved.