マッチングアプリ

withを1ヶ月使ったみたぶっちゃけ感想とレビュー

2018年10月25日

DaiGoが宣伝している人気マッチングアプリ『with』を1ヶ月間だけ使ってみました。

率直な感想として、色々なアプリを使ってきたなかで、かなり使いやすくておすすめです。

withは心理や性格、価値観の相性で異性とマッチングできるコンセプトです。

そのおかげもあって、会ってみると楽しいデートになることも多かったです。

今回はマッチングアプリ「with」の紹介と使ってみた感想&レビューをしていきたいと思います。

マッチングアプリ「with」とは

withはメンタリストDaiGoさんが監修するマッチングアプリです。

DaiGoさんは恋愛心理学や統計学に詳しいので、その要素がアプリに盛り込まれています。

自分の性格や価値観を簡単な質問で診断し、相性のいい人が優先的に表示・紹介されるシステムです。

また、プロフィールに共通点があれば分かりやすく表示され、会話のきっかけにもなって便利ですよ。

会員数は非公開ですが、マッチングアプリの中では知名度が高い方です。

DaiGoさんのネームバリューもありますし、ユーザーは多い方ではないでしょうか?

実際に私も使ってみましたが、毎日新しいユーザーが新規登録していて、地方在住でも問題なかったです。

withの料金は以下の通り。(クレジットカート決済の場合)

  • 1ヶ月プラン:3,400円
  • 3ヶ月プラン:7,800円(1ヶ月当たり2,600円)
  • 6ヶ月プラン:13,800円(1ヶ月当たり2,300円)
  • 12ヶ月プラン:21,600円(1ヶ月当たり1,800円)

iPhoneアプリ・Androidアプリ決済だとこれより500円くらい高いです。

少しでも安く料金を抑えたい人はクレジットカード決済を選びましょう。

次にwithの登録ユーザーの年齢層についてです。

withは若者に人気の恋活系マッチングアプリなので、男女ともに20代前半〜20代後半がメインです。

学生や新社会人、結婚を前提に交際を求めている若い男女が多く、30代以降の人は少ないです。

withはTwitterなどの広告も若者が目にする機会が多いですし、30代以上の人は婚活サービスを利用します。

もし30代以上でwithを使ってみようと思うのであれば、年下狙いでないと効率が悪くなるので気をつけましょう。

ぶっちゃけな感想

出会えた人数、マッチング率、使ってみた操作感など

withを1ヶ月間使った結果、2人の女性と出会うことができました

20歳と21歳の女性で、2人とも学生さんでしたね。

ちなみに私は近い年齢の女性に絞って探していました。

このようにwithは異性の条件を設定して検索し、プロフィールを閲覧していいねを送るシステムです。

さらに、withでは定期的に開催される診断イベントに参加すると、相性のいい女性に無料でいいねが送れます。

これを上手く活用して、課金せずにたくさんの女性にアプローチができてメッセージもできました。

共通点が多くて診断イベントでも相性がいいと、会話のきっかけも生まれやすく、話が早くて楽でしたね。

ただ、相手のプロフィールがすかすかで情報がないと、会話に困ってメッセージも盛り上がりません。

写真が可愛いからといって、むやみにいいねを送りまくるのは無駄使いだったなと今では思います…。

withのアプリ自体の操作感に関しては、DaiGoさんのアドバイスがこまめに送られるので参考になりました。

特にプロフィール作成のとき、簡単な質問に答えるだけでサクッとプロフィールができたのには感動!

他にもモテ写診断などの、マッチングアプリ初心者にはありがたいサービスが無料で開放されてて好印象です。

ただ、検索型のマッチングアプリなので仕方ないですが、マッチング率は低かったです。

10人に1人マッチングすればいいかなってレベルでしたね。

定期イベントでのマッチングはもう少し可能性が高いかな、という印象です。

個人的には本当にいいと思った女性にだけいいねを送るべきと思いました。

マッチングした女性を一人一人大切にやり取りすべきではないでしょうか。

withのメリット

実際に1ヶ月使ってみて感じたwithのメリットを紹介します。

基本的にはおすすめできるマッチングアプリだと思っています。

メリット① 性格診断が楽しい

withでは心理テストが行われるのですが、これがマッチングアプリの診断にしてはハイクオリティです。

私も実際にやってみたところ、「クリエイター」タイプとの診断結果が。心当たりがありますね…。

これによりクリエイタータイプと相性のいい女性を優先的に表示してくれます。

さらに、相手がどんな性格なのか何となく分かるので、いいねを送ろうかどうか判断する材料にもなりますね!

メリット② プロフィール作成などのサポートが充実

2つ目のメリットはプロフィール作成や写真のコツをアプリがサポートしてくれる点です。

特にモテ写診断はかなり使えるなと思いましたね!

印象の悪い自撮りや不鮮明な写真を設定するのはダメだと教えてくれるので、ありがちなミスも防げます。

withのデメリット

withは人気のマッチングアプリですが、強いて言えば以下の点がデメリットに感じました。

デメリット① 検索するのが面倒に感じる

withはいわゆるマッチングアプリ第1世代で、検索して異性を選ぶシステムです。

タップル誕生」や「Tinder」などのランダム表示に慣れてしまうと、異性をわざわざ探すのが面倒に感じてしまいます。

マッチングアプリは空き時間にサクサクできるのが魅力なのですが、検索して一人一人探すとなると時間がかかります。

その上マッチング率が高いわけではないので、時間の無駄に終わることも多かったです。

デメリット② DaiGoのアドバイスが煩わしい?

これは実際にwithで会った女性に聞いた話です。

withではアプリ内でDaiGoさんがアドバイスしてくれる仕様になっています。

恋愛に役立つアドバイスやアプリの仕様の説明がメインですが、いちいち丁寧すぎるサポートが煩わしく思うかも…。

これは個人差というか、DaiGoさんが好きかどうかも関係しそうですが、言われてみれば少し納得しました。

マッチングアプリなどの出会い系サービスに慣れている人からすると、アプリのガイドが初歩的すぎるのでしょう。

withに向いてる人

マッチングアプリwithは基本的にシステム・料金・使いやすさのどれも優れていると感じました。

若い女性から30歳前後の女性もたくさんいて、幅広い年齢層の女性と出会えます

特に若い女性が多いので、学生や新社会人の人で彼女や彼氏が欲しい人は特にwithがおすすめです。

さらに、プロフィール作成や写真選びに不安なマッチングアプリ初心者もwithが最適でしょう。

アプリのガイドに従って恋活すれば、よほどのことがない限りマッチング成立・メッセージがスムーズになるはずです。

まとめ

親切な設計と若い男女が多いユーザー層のwithは、マッチングアプリで出会いを求めるには最適です。

まずは1ヶ月プランからでもいいですし、無料登録だけしておくのもアリですね!

プロフィール作成から始めておいて、何人かとマッチングしたら有料会員になってみる方法が効率的です。

最後に…管理人からのおすすめ情報

\管理人激選マッチングアプリ/

セフレ作りにおすすめ!最強のヤレるマッチングアプリはこれだ!

シュウジ
マッチングアプリはワクワクがおすすめ!

セフレ、ネトナン、ワンナイト狙いなら、ワクワク」が一番おすすめだ。

そもそも、マッチングアプリは種類が多すぎて、どれを使えばよいかわからない…なんて人が多いだろう。

管理人が激選したヤレるマッチングアプリをランキング形式で以下記事にて紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

おすすめ記事

ワクワクは遊び目的や尻軽な女性が多く、業界内では一番ヤレるアプリとして有名である。

普段なかなかイイ子とセックスできないなら、ワクワクをぜひ一度使ってみてほしい。

\ワクワクは登録無料!/

無料ダウンロードはこちら

※スマホがAndroidの方は『ワクワク(Android)』からダウンロードできます。

-マッチングアプリ

Copyright© 東京アップデート , 2019 All Rights Reserved.