パパ活(男性向け)

交際クラブの利用料金とデートのお手当の相場を解説

交際クラブには敷居が高い・お金がたくさんかかりそうという印象を持っている方が多くいます。

出会いを求めたい気持ちはあっても、収入の大半が年会費に消えてしまえば、継続するのは難しいですよね。

そこで今回は、交際クラブで楽しむためにはどのぐらいのお金が必要なのかを解説します。

交際クラブの利用料金には、入会金・セッティング料金・女の子に払う交通費やお手当などが必要です。

女の子と1回デートするのに、たいだい5~10万円(入会金含め)がトータルの費用としてかかります。

交際クラブでかかるお金

交際クラブで遊ぶためには、2パターンのお金が必要になります。

それが交際クラブ側に支払うお金と、女の子に支払うお金です。

2パターンのお金について、どんな料金があるか詳細を解説します。

1.交際クラブに支払うお金

交際クラブに支払うお金は大きく分けて3つです。

  1. 入会金
  2. 年会費
  3. セッティング料金

入会金とはその名前の通り交際クラブに入会する時に支払う料金を指します。

セッティング料金とは、女性を紹介してもらったときに交際クラブに支払うお金です。

1人紹介してもらうたびに支払う必要があります。

主にこの3種類が、交際クラブ側に男性が支払う料金です。

2.女の子に支払うお金

次に交際クラブに振り込むのではなく、直接女の子に支払う料金。

こちらも大きく分けて3種類あります。

  1. 交通費(絶対に支払うお金)
  2. デート費用(飲食の代金など)
  3. お手当て(交際費とも呼ばれる)

交通費は、交際クラブから必ず支払うように決められているお金です。

そのため支払わないと、女の子から交際クラブにクレームが入ります。

デート費用は飲食店の代金や初回からホテルに行く場合はそのホテル代金など。

お手当ては女の子がホテルでの性行為やデートに対して求めるお小遣いのことです。

呼び方はお手当て・お小遣い・交際費など、人によって違います。

ただ、ホテルで性行為に及ぶ場合は、支払わないと確実に応じてもらえないでしょう。

交際クラブの入会金やセッティング料の仕組み

男性が交際クラブに入会する際に支払う入会費と、女の子を紹介してもらう時に支払うセッティング料。

これは入会するランクによって金額が変動します。

交際クラブでは男性会員・女性会員をそれぞれ何段階かのランクに分けています。

大手交際クラブ「ユニバース倶楽部」を参考に、ご紹介しましょう。

交際クラブのランク

ユニバース倶楽部では会員のランクをスタンダード・ゴールド・プラチナ・ブラックの4つに分類します。

スタンダードの場合は入会金30,000円・セッティング料金20,000円。

それに対して、一番高ランクのブラックだと入会金300,000円・セッティング料金100,000円まではねあがります。

低いランクと高いランクの違いは仲介される女性会員のレベルです。

モデルや女優業などの経験があるなど、高ステータス・高いルックスレベルがある女性は、高いランクに分類されます。

男性会員は自分の入会したランク以下の女性しか紹介してもらえません。

高いレベルの女性と出会うためには、自分も高いランクに入会しないといけないのです。

女性のランクは『ユニバース倶楽部の入会登録審査』をクリアした後に、女性のレベルに応じて設定されます。

セッティング料金は女性の初回紹介料金

1度女性を紹介してもらうのに、一番低いスタンダードランクでも2万円かかるセッティング料金。

毎回セッティング料金を支払うわけではありません。

セッティング料金が発生するのは、初回デートのときのみです。

交際クラブが仲介するのは、その女性との1回目のデートのみになります。

2回目からは交際クラブを通さなくてOKなので、セッティング料金はかかりません。

できるだけお金をかけたくないのなら、1人の女性と長く関係を築いた方が男性はお得になります。

中級以上のランクに入会すると良い出会いが多くなる

入会ランクによって紹介される女性のレベルが変わるのが、交際クラブの一つの特徴です。

男性会員は自分の懐事情に合わせて、入会するランクを選択します。

この時のランクですが、どのランクにするか悩んだら中級以上のランクがおすすめです。

金額がかかる交際クラブを利用するからには、レベルの高い女性と出会いたい方がほとんどだと思います。

初級ランクだと、交際クラブの良さを感じられるようなレベルの女性はあまりいません。

料金に対して見合わないと感じてしまうことも多いです。

中級以上だとそれ相応の出費にはなりますが、良い出会いも増えていきます。

もしも入会ランクに悩んだら参考にしてみてください。

交際クラブでかかるお金の計算

交際クラブでは入会金・年会費・セッティング料金をクラブ側に支払わないといけません。

それらの具体的な金額を知るために、各交際クラブの料金を一覧表でご紹介します。

交際クラブ 入会金 年会費 セッティング料金
ユニバース倶楽部 3~30万円 2~16万円 2~10万円
ヴェルサイユ 0~100万円 0~50万円 2~13万円
私のあしながおじさん 3~10万円 2~8万円 2~5万円
青山プラチナ 2~50万円 3~20万円 3~10万円
銀座クリスタル 3~6万円 2~6万円 2~6万円
コンソラトゥール 0~10万円 0~2万円 2~3万円
ハートクラブ 3~7万円 2~3万円 2~5万円
東京交際クラブ 5~20 3~10 3~10
東京リッツ 3~20万円 0~2万円 2~3万円
エディ 5万円 0円 2~7万円

今回、大手交際クラブを10店舗表にしてまとめました。

一番低いランクの入会金は平均2~3万円。

一番高いランクの入会金は平均25~30万円という結果です。

年会費は各クラブの違いが大きく、中には年会費は取らない交際クラブもあります。

セッティング料金は低ランクが平均2万円。

高ランクの女性だと平均7~10万円が一度に必要です。

初回デート時にはセッティング料金2~10万円にプラスして、交通費・デート代金を支払う必要があると覚えておきましょう。

交際クラブのお手当相場

お手当てとは、男性から女性に支払われるデートやセックスに対するお金です。

男性から女性に気持ちで渡すものなので、交際クラブでお手当てを決めることはありません。

このお金は過ごしている時間やデート内容、セックスの有無によって変動します。

一般的な相場は、以下の通りです。

  • 食事・デート:1~3万円
  • セックスあり:3~5万円

交際クラブの場合、必ず交通費として5千~1万円を女性に渡すことになっています。

初回が食事・デートのみなら、その交通費をそのままお手当てにするか、プラスで男性からお渡しするかです。

初回デートからホテルに行って体の関係を持つ場合、3~5万円のお手当てを渡すことになります。

しかし、これはあくまでも一般的なお手当て金額です。

例えば高いランクに所属している男女だと、体の関係ありで1回10万円以上のお手当てを渡していることもあります。

男性のスペックや、女性のルックス、お互いの関係性の長さなどの要因で前後するものだと考えましょう。

まとめ

今回は、交際クラブでかかるお金について解説してきました。

交際クラブで必要なお金は、大きく分けて2パターンです。

一つは交際クラブに支払うお金、これは年会費等のことを指します。

もう一つは女の子に支払うお金で、交通費やお手当のことです。

この記事では、それらの金額を各交際クラブごとに比較し、計算をしてみました。

男性が交際クラブを使うには入会金で2~30万円。

初回デートに3万円以上のお金が必要です。

交際クラブの利用をする際には、それだけの料金が必要になるということを覚えておきましょう。

最後に…管理人からのおすすめ情報

港区女子、清楚系女子大生をパパ活で落としたいなら


レベルの高い美女とセックスしたいならパパ活女子が狙い目だ。パパ活女子は、出会い系にいる割り切り女子とはタイプが異なり、若くてルックスレベルが桁違いに高い。

雑誌やテレビなどで空前のパパ活ブームが起きた結果、港区女子や清楚系の女子大生などが、お小遣い稼ぎとしてパパ活アプリに多く参入しているのだ。

パパ活アプリはpaters一番人気でおすすめである。男女比は女性のが断然多く、男性のほうが需要が高い。1日以内にマッチング率が驚異の96.7%

清楚系の美女とセックスしたいなら、patersはかなり狙い目だ。

patersのダウンロードはこちら

-パパ活(男性向け)

Copyright© 東京アップデート , 2019 All Rights Reserved.