マッチングアプリ

Poiboy(ポイボーイ)を1ヶ月使ったみたぶっちゃけ感想とレビュー

2018年10月28日

マッチングアプリ「Poiboy(ポイボーイ)」は女性主導型のアプリです。

実際に僕も1ヶ月だけ有料会員になって使ってみました。「向き不向きがでるけど使う価値はある!」という感じです。

この記事ではPoiboyがどういうマッチングアプリなのか、どんな人におすすめなのか。

僕自身の実体験もふまえ、ぶっちゃけ感想&レビューをしていきたいと思います。

Poiboy(ポイボーイ)とは

Poiboyは「イケメンをポイする」という女性主導をコンセプトとしたマッチングアプリです。

女性からポイ(いいね)されるまで、男性からは女性にいいねやメッセージを送ることができません

男性はプロフィールや質問の回答を埋めて、女性ユーザーにアピールすることになります。

従来のマッチングアプリは異性を検索して、気になった人にアプローチを送るシステムです。

でもPoiboyは女性がポイ(=いいね)をしてくれるまでマッチングしないんです。

つまり、男性は女性に好印象を抱かれる写真やプロフィール作りが必要不可欠になってきます。

そのため、Poiboyに多いユーザーは以下の特徴があります。

  • 男性はイケメンで若い人(20代前半〜半ばくらいまで)が多い
  • 女性は20代がメイン

次にPoiboyの料金についてです。

女性は完全無料ですが、男性は以下の料金が必要です。

<男性:18歳〜29歳>
1ヶ月プラン:¥3,400
3ヶ月プラン:¥3,033/月(一括¥9,100)
6ヶ月プラン:¥2,133/月(一括¥12,800)
12ヶ月プラン:¥1,567/月(一括¥18,800)

<男性:30歳以上>
1ヶ月プラン:¥4,300
3ヶ月プラン:¥3,866/月(一括¥11,600)
6ヶ月プラン:¥2,633/月(一括¥15,800)
12ヶ月プラン:¥1,983/月(一括¥23,800)

なんとPoiboyは年齢によって料金異なり、30歳から料金が値上がりしてしまいます。

これは若者向けのコンセプトを明確にする料金体系ですね。

Poiboyのぶっちゃけな感想&レビュー

Poiboyを実際に1ヶ月間使ってみて、1人だけ女性と会うことが出来ました。

一応参考までにお伝えすると、僕は20代前半のフツメンです。

Poiboyにはイケメンでないと出会えないという噂もあります。

この噂はあながち間違いではありません。

まずプロフィールの画面の情報が少なすぎるなと思いました。

プロフィールは以下の5つの項目しかありません。

  • ニックネーム
  • 生年月日
  • 地域
  • 職業
  • 自己紹介文

プロフィール画像以外だと質問の回答か自己紹介文くらいしかアピールポイントがありません。

これは女性に対しても言えるのですが、異性を判断する要素がほとんど見た目(顔)くらいです。

顔に自信がある、異性を選ぶポイントは見た目重視だ、という人でないとおすすめできません。

Poiboyのメリット

メリット① ステータスを上げれば無料でメッセージ機能が使える

Poiboyの特徴として、男性ユーザーのランクを分けるステータス制度があります。

女性からたくさんポイされたり、メッセージを送った回数が多くなるとステータスが成長するシステムです。

ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、VIPの全5段階でステータスが分けられ、VIPになればメッセージが無料です。

男性はVIPになれれば1ヶ月の料金なしで女性とやり取りできるので、是非とも目指したいところですよね。

ちなみに僕もPoiboyを1ヶ月使ったところ、最初の2週間くらいでVIP会員になれました。

そこまでポイの回数も必要ではなく、ただ毎日ログインして質問に回答していれば、簡単にVIPに上がれると思います。

ただし、VIPの期間は1週間だけです。

1ヶ月の有料期間がまだ残っていたので、せっかくのVIP期間は特に意味もなく終了しました。

ずっとVIP会員を維持できれば無料のまま使い続けることも可能ですが、毎日たくさんの女性にポイされ続けなければいけません。

メリット② 女性の方からグイグイきてもらえる珍しいアプリ

Poiboyはマッチングアプリでは珍しく、女性の方からアプローチしないとマッチングできない仕様です。

そのため恋愛において積極的な女性が多く、Poiboyなら草食系男子でも十分可能性がありあります。

ただしイケメンでないとそもそもポイされないので、プロフィール写真にはかなり気を使う必要があるでしょう。

Poiboyのデメリット

デメリット① イケメン&若い男性じゃないと厳しい

他のマッチングアプリと比べても、Poiboyはマッチング率が低かったです。

マッチングしてもメッセージのやり取りがしっかり続く人が少なく、出会うまでのハードルの高さを思い知りました。

恐らくイケメンが多い、若い人が多いという謳い文句で始めた女性が多いからだと思います。

また、ステータスが上の人ほど表示の優先度が高いので、モテる人がもっとモテやすくなるシステムです。

一部のVIP(イケメン)ユーザーが多くの女性を独占しているような状況ですね。

デメリット② 顔以外の要素が軽視されやすい

これは先ほども少し触れた内容です。

Poiboyのプロフィール内容はかなりシンプルとなっていて、顔で選ぶことに集中するようにできています。

実際にPoiboyで出会った人とは価値観や性格の相性が合わず、一度っきりで二度と会うことはありませんでした。

Poiboyに向いてる人

Poiboyは向き不向きがかなりハッキリ分かれるマッチングアプリだと思いました。

向いている人の特徴としては、

  • 若いイケメン
  • 異性は顔重視で選びたい
  • 異性を検索して探すのが面倒

このどれかに該当すればPoiboyを使うべきでしょう。

特に容姿に自信がある人はPoiboyが最適です。

すぐにVIP会員になれば、継続してステータスを保つことに専念して無料で使い続けることができます。

しかもプロフィールを細かく作り込む必要がないので、サクッとアプリを始めて色んな女性からアプローチがきます。

逆に顔に自信が無い、30歳以上の人は他のマッチングアプリの方がおすすめです

他のマッチングアプリなら見た目よりも性格や趣味などの要素を重視するものもあり、顔がダメでも十分出会えます。

年齢層もPoiboyは若い世代に偏り過ぎているので、もっとバランスの良いアプリを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、僕がPoiboyで会った女性は22歳の保育士さんでした。

保育士という職業柄、なかなか出会いがないということでアプリを使い始めたそうです。

最初はプロフィール写真もいい感じで、僕のことも好印象に思ってくれていたようですが…

会って話してみると趣味も違うし、話が弾むことなく楽しめませんでした。

これは人によると思いますが、趣味が合うかどうかくらいは確認して会うべきだと思いましたね。

まとめ

以上がマッチングアプリ「Poiboy」を実際に使った上で感じた感想と特徴についてでした。

ステータスや女性主導といったユニークなシステムばかりで挑戦的なマッチングアプリですが、面白い部分も多いです。

これからももっとユーザーは伸びますし、若い女性と出会える可能性は高いです。

Poiboyの特徴を踏まえて、使ってみたい人はまずは無料で登録してみてはいかがでしょうか?

無料会員のままでも女性にポイされるので、自分の顔がどれくらい女性にウケるのか試すのはおもしろいです。

最後に…管理人からのおすすめ情報

セフレ作りやワンナイトを狙うなら

セフレ作りにおすすめ!最強のヤレるマッチングアプリはこれだ!

シュウジ
マッチングアプリは選び方が重要です。

セフレ作り、ワンナイト、タダマン狙いをしたいなら、最近話題のマッチングアプリがおすすめだ。

アプリの種類が多すぎて、どれを使えばよいのかわからない人が多いだろう。

選び方の鉄則は、ユーザー数が多く、ワンナイト向けのマッチングアプリを使うことである。

管理人が激選したヤレるマッチングアプリをランキング形式で以下記事にて紹介している。ぜひ参考にしてみてほしい。

おすすめ記事


\最強のヤレるマッチングアプリ/

シュウジ
セフレ狙いならワクワクがおすすめです。

実際に色々なマッチングアプリを使ってきたなかで、ワンナイトやヤリモク狙いならワクワク一番おすすめだ。

遊び目的や尻軽、メンヘラ系の女性が多く、セフレにしやすく、タダマンがしやすい。業界内では一番ヤレるアプリとして有名だ。

普段なかなかイイ子とセックスできないなら、ワクワクをぜひ一度使ってみてほしい。

ワクワクの無料ダウンロードはこちら

※スマホがAndroidの方は『ワクワク(Android)』からダウンロードできます。

-マッチングアプリ

Copyright© 東京アップデート , 2019 All Rights Reserved.